Wookieepedia
Advertisement

ドクターシオンヴァー・ボル(Sionver Boll)は女性ビヴォールで、クローン戦争期に銀河共和国に仕えた科学者である。

経歴

シオンヴァー・ボルは聡明なビヴォール科学者で、その才能を銀河共和国のために役立てていた。[2] クローン戦争中、ドクター・ボルはドロイドだけに効力を発揮するエレクトロ=プロトン爆弾の開発に携わった。22 BBY、エレクトロ=プロトン爆弾が惑星マラステア戦場で初めて実戦投入されることになったとき、ボルは爆弾電磁パルスが生き物には無害であることをダグ種族ドージナカ・ウラスに請け合った。ボルの保証どおり、新型の爆弾は共和国グランド・アーミークローン・トルーパーを傷つけること無く、分離主義勢力ドロイド軍を機能停止状態に陥らせた。[3]

しかし爆弾は予期せぬ被害をもたらした。戦場に大きな竪穴が空き、絶滅したと思われていたジロ・ビーストが眠りから目を覚ましたのである。この古代獣はジェダイライトセーバーですら通用しない硬い甲羅を備えており、シーヴ・パルパティーン最高議長の命令で研究のため生け捕りされることになった。ジロ・ビーストがコルサントへ運ばれてきた後、パルパティーンはこの生き物を殺してでも甲羅を回収するようボルに命じた。しかしボルはこの個体が種族の最後の生き残りであることや、ジロ・ビーストが知性を持っている可能性を指摘し、殺処分に反対した。[3]

パルパティーンの意思は固く、ボルはやむを得ずマラステリアン燃料を利用したジロ・ビースト用のガスを製造する。しかしジロ・ビーストは研究施設から逃げ出し、ギャラクティック・シティを暴れまわりながらパルパティーンのいる元老院ビルへ向かった。ジェダイと共和国軍のおかげでジロ・ビーストの脅威に何とか終止符が打たれたが、パルパティーン議長はいまだこの獣に強い関心を抱き、ジロ・ビーストのクローンを作るようドクター・ボルに指示した。[3]

制作の舞台裏

ドクター・ボル

カーラ・ピフコがドクター・ボルの声優を担当した。ピフコは他に、スー・ロクウェインTJ-912ナーレスオーフニなどの声優も務めている。

登場作品

参考資料

脚注

他言語版
Advertisement