Fandom


「シタデル・チャレンジ、バージョンTHX、変化形1138開始」
コマンダーコルト[出典]

シタデル・チャレンジ(Citadel Challenge)は惑星カミーノティポカ・シティ軍事複合施設内に設けられていた共和国グランド・アーミークローン・トルーパー用訓練コースである。

特徴

シタデル・チャレンジはシミュレーション戦闘用の訓練場で、ティポカ・シティ軍事複合施設内に設置されいた。コース上では防壁や建物が上下し、訓練に合わせて様々な地形を設定することができた。訓練の目標はコースの奥に設置された砦を攻略することで、訓練用バトル・ドロイドや砲台がクローン候補生を妨害した。[1] この訓練コースの名前は独立星系連合の鉄壁の要塞“シタデル”にちなんで名づけられていた。[2]

歴史

「この分隊は問題ありのようね。あなたはどう思う?」
「そうさな。ジェダイじゃねえんでズバリ言わせてもらうが、こりゃ落第だ。99号と一緒に整備を担当させたほうがいい」
「決めつけるのはまだ早い。まだ実戦テストの段階です。なによりこの砦攻略コースは難関中の難関」
シャアク・ティブリックエル=レス[出典]
Arcbricscrubber

最終テストを見守るコルトと訓練教官たち

クローン戦争中、シタデル・チャレンジはクローン・トルーパー候補生の実戦テストに使用され、ジェダイ将軍シャアク・ティエル=レス教官、ブリック教官がテストを監督した。候補生のうち、ブラボー分隊はシタデル・チャレンジで優れた成果を上げたが、チームの統率力に欠けるドミノ分隊の結果は惨憺たるものだった。候補生の卒業テストの日、ARCトルーパーコマンダーコルトはドミノ分隊のパフォーマンスに失望し、シタデル・チャレンジを途中で終了させた。しかし、エル=レスの計らいで追試のチャンスを与えられえたドミノ分隊は、それまでの反省点を生かしてシタデルの攻略に成功した。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。