Fandom


シックス・ブラザー(Sixth Brother)、本名ビル・ヴァレン(Bil Valen)はヒューマノイド種族男性で、銀河帝国に仕えた尋問官である。他の尋問官と同じく、シックス・ブラザーはもともとジェダイ・オーダーに仕えるジェダイだったが、やがてフォースのダークサイドに転向し、かつての仲間たちと敵対する立場になった。彼はダブル=ブレード回転式ライトセーバーの使い手で、惑星コルサントの工業地帯ザ・ワークスにある本拠地大尋問官から訓練を受けた。帝国が誕生した直後、シックス・ブラザーは皇帝シーヴ・パルパティーン弟子であるシス卿ダース・ヴェイダーから直接訓練を受け、その際に左腕を失った。

18 BBY、シックス・ブラザーとナインス・シスターテンス・ブラザーはヴェイダーに同伴し、オーダー66を生き延びたジェダイを探すため惑星モン・カラを訪れた。ダック・シティモン・カラマリ・ガード制圧した後、尋問官たちは潜水艇に乗ってパダワンフェレン・バーとその信奉者が潜伏している隠れ家へ向かった。彼らは信奉者たちを次々と倒していき、バーと彼の最後の仲間であるヴァーラベル・シティ包囲した。しかしこのイクトッチイのパダワンは尋問官に仕えるパージ・トルーパーマインド・トリックで操り、元ジェダイである尋問官もオーダー66の標的だと思い込ませた。バーは尋問官たちがトルーパーと戦っている間に逃げ出したが、その後ヴェイダーによって倒された。

同じフォース感応者の捜索任務を行っていたシックス・ブラザーは、ジェダイと思しき人物が衛星ラーダで地元住民の反乱運動に関わっていることを突き止めた。その人物、“アシュラ”ことアソーカ・タノはシックス・ブラザーが到着したときには既にラーダを離れており、足取りをつかむことはできなかった。しかしシックス・ブラザーはラーダの抵抗勢力の隠れ家を襲撃し、アソーカと親しいケイデン・ラートを捕まえて人質にした。アソーカは既にライトセーバーを所有していなかったが、ケイデンを救うためラーダに戻り、フォースを使って尋問官と対決した。シックス・ブラザーは対決に破れて命を落とし、アソーカはこの尋問官のライトセーバーから回収したカイバー・クリスタルを使って新しいライトセーバーを制作した。

制作の舞台裏

シックス・ブラザーは2016年に発売された正史小説『アソーカ』の悪役として初登場を果たした。2017年には『アソーカ』よりも過去を描くコミック・シリーズ『スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 燃える海原』で再登場し、初めてビジュアルが描かれた。シックス・ブラザーとナインス・シスターの本名はビル・ヴァレン(Bil Valen)とマサナ・タイド(Masana Tide)であることが分かっていたが、どちらがどちらの名前なのかは分かっていなかった。その後、2018年のリファレンス・ブック『スター・ウォーズ ザ・ダーク・サイド』で、シックス・ブラザーの本名がビル・ヴァレンであることが判明した。

登場エピソード

参考資料

脚注

関連項目

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。