Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

銀河帝国の初期、尋問官シックス・ブラザープラズマのブレードを放出するダブル=ブレード回転式ライトセーバーを所有していた。

歴史

Sixth Ninth Tenth Inquisitors

モン・カラでフェレン・バーを追い詰めたシックス・ブラザーたち

帝国時代の初期、シックス・ブラザーは他の尋問官とともに惑星コルサントの工業地帯ザ・ワークスにある本部大尋問官シス卿ダース・ヴェイダーから訓練を受けた。ヴェイダーと戦った際、シックス・ブラザーはライトセーバーを持つ左の腕を切り落とされた。[4]

18 BBY、シックス・ブラザーは帝国軍によるモン・カラの占領に参加し、ライトセーバーを使ってモン・カラ王国軍隊と戦った。ダック・シティ制圧した後、シックス・ブラザーとナインス・シスターテンス・ブラザーオーダー66の生存者であるパダワンフェレン・バー追跡した。ベル・シティでバーを追い詰めた際、シックス・ブラザーはライトセーバーをブーメランのように投げ、バーの信奉者であるダレンを斬殺した。しかしバーはインクィジター・トルーパーマインド・トリックを使って尋問官と敵対させ、そのすきに逃げ出してしまった。テンス・ブラザーがトルーパーに倒された後、シックス・ブラザーはライトセーバーでナインス・シスターの足を切断し、彼女を囮にして1人で逃亡した。[3]

同じ年、シックス・ブラザーは衛星ラーダで元ジェダイのアソーカ・タノ対決した。アソーカは既にライトセーバーを所有していなかったが、フォースを使ってシックス・ブラザーのセーバーに内属されているカイバー・クリスタルを引き寄せ、この武器を爆発させた。シックス・ブラザーはセーバーの爆発で命を落とし、アソーカは手に入れたクリスタルを使って新しいセーバーを制作した。[1]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。