Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

銀河共和国時代の末期、トグルータジェダイ・マスターシャアク・ティいブレードを放出するライトセーバーを所有した。

特徴

ジェダイ・マスターシャアク・ティライトセーバーデュラスチール製で、全長は26.6センチメートル(10.55インチ)、横幅は3.3センチメートル(1.3インチ)だった。[2] ティのセーバーにはいブレードを放つ[1] カイバー・クリスタルが内蔵されていた。[3]

歴史

22 BBY、シャアク・ティはジオノーシスの戦いに参加し、ライトセーバーを使って独立星系連合バトル・ドロイドジオノージアンと戦った。[1]

19 BBYクローン戦争の終盤、シャアク・ティはコルサントの戦い最高議長シーヴ・パルパティーンの護衛を務めた。しかしティは独立星系連合のグリーヴァス将軍に敗れ、帯電ケーブルに囚われて気を失っているうちにライトセーバーを奪われてしまった。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。