Fandom


Shadday
シャデイ・ポトキン
人物の情報
死亡

19 BBYケッセル

身体の情報
種族

人間

性別

女性

髪の色

茶色

目の色

茶色

肌の色

白色人種

年代と政治的な情報
時代

帝国の勃興時代

所属

シャデイ・ポトキン(Shadday Potkin)は人間女性で、銀河共和国の末期にジェダイ・オーダーに仕えたジェダイ・マスタークローン大戦ではジェダイ将軍として戦った。19 BBY、クローン大戦の終結に伴ってオーダー66が発令され、大多数のジェダイクローン・トルーパーによって殺害されたが、ポトキンはこの攻撃を生き延びた。共和国が銀河帝国へと再編されてから1か後、ポトキンは他のジェダイの生存者を惑星ケッセルに呼び集めた。彼女は、残ったジェダイで力を合わせ、帝国の執行者であるシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーを倒そうと考えたのである。しかし彼女の計画は失敗に終わり、会合に参加したジェダイは全員命を落とすことになった。

経歴

オーダー66

ShaddayPotkin-Chronicles

シャデイ・ポトキン

人間女性、シャデイ・ポトキンは、フォース=センシティブとしての才能を見いだされ、ジェダイ・オーダーに加わってフォース訓練を受けた。彼女はやがて自身のライトセーバーを作成する。銀河共和国独立星系連合の間にクローン大戦が勃発した当時、ポトキンはジェダイ・マスターの階級に昇格していた。この戦争で、彼女は共和国グランド・アーミージェダイ将軍になった。クローン大戦が終結に近づいていた19 BBY当時、マスター・ポトキンは惑星コルサントジェダイ・テンプルで戦況の報告を傍聴した。

同じ、共和国最高議長パルパティーン(その正体は、シスの暗黒卿ダース・シディアスだった)は、オーダー66を発令し、グランド・アーミーのクローン・トルーパーに全てジェダイ抹殺を指示した。銀河系の各地でクローン兵士たちがジェダイにブラスターを向け、かつての上官を殺害したが、ポトキンは攻撃を生き残った。首都惑星コルサントに戻ったポトキンは、廃墟となったテンプルを目にし、ジェダイのひとりが殺される場面を目撃した。コルサントに滞在中、ポトキンはパルパティーン(いまや、共和国に代わって誕生した銀河帝国皇帝になっていた)の正体がシス卿であることを知った。

コルサントを離れたポトキンは、パルパティーンのシス・アプレンティスダース・ヴェイダーを罠にはめるための計画を練った。彼女は、ヴェイダーを倒すために生き残ったジェダイたちと接触を取り、彼らを惑星ケッセル廃棄されたスパイス鉱山に呼び集めた。ヴェイダーがマスター・オビ=ワン・ケノービを探していることを知っていたポトキンは、ケノービもケッセルに来ているという嘘の情報を帝国に流した。

ケッセル

Potkin Death

ポトキンはダース・ヴェイダーに殺された

銀河帝国の誕生から1か後、ジェダイ・マスターのコフィ・アラーナジャスタス・ファーツイ・チョイロブリオ・ダーテ、そしてジェダイ・ナイトバルター・スワンシア=ラン・ウェズマキスシャラスたちがケッセルのスパイス鉱山に集まった。会合に参加したジェダイたちは、これからとるべき行動について話し合った。帝国を倒すためにフォースのダークサイドを使うことは許されるのか、という問題が議論された後、ポトキンはダース・ヴェイダーをこの会合に“招待”していることを仲間たちに教えた。

その直後、ヴェイダーはジェダイがいる部屋に押し入り、ケノービの居場所を尋ねた。ポトキンはケノービの情報はヴェイダーをおびき出すための罠だったことを明かした。シア=ラン・ウェズは真っ先にヴェイダーに挑戦したが、返り討ちに遭って殺された。マキスシャラスもまた、ライトセーバー戦の中で命を落とした。ポトキンは、ライトセーバーの能力を無効化するコートシス鉱でできたを手に、ダース・ヴェイダーに近づいた。採鉱用機械の上部でヴェイダーと切り結んだポトキンは、敵のライトセーバーとコートシス・ブレードを接触させることに成功する。しかし、ヴェイダーは使えなくなったライトセーバーを捨て、ポトキンの首を掴んだ。シス卿は、武器が使えないのであれば、敵の武器を奪うまでだと告げ、ポトキンの首をへし折った。ポトキンの死体は、採鉱用機械から床へと落下した。その後、ポトキンがケッセルに呼び集めたジェダイは、ヴェイダーや第501軍団ストームトルーパーの攻撃で皆殺しにされた。

登場エピソード

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはシャデイ・ポトキンに関する2枚の画像があります。

参考資料


他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。