Fandom


この記事はアキヴァンを扱っています。お探しの記事は霧の織り手かもしれません。
「ああ、ノラ。良くも悪くも、わたしたちはここに根差しているわ。道の上にある果樹園と同じで、わたしたちもこの丘の一部なのよ。墓の中の骨のようにずっとここにいるの。でも、あなたは息子を連れていきなさい。ここよりいい場所を見つけてあげて」
―ノラ・ウェクスリーに対し、シャリーン[出典]

シャリーン(Shirene)は銀河内戦期に惑星アキヴァに住んでいた女性。同性愛者で、妻のイズメルとともにオーチャード・ヒルの家に住んでいた。

経歴

イズメルの妹ノラ・ウェクスリー銀河帝国と戦うためアキヴァを去った時、シャリーンたちはノラの息子テミンを預かった。しかし反抗心の強いテミンは2人の手に余り、結局ひとりでジャンク屋として生きていくことになった。テミンはその後もたびたびシャリーンとイズメルの家を訪れ、果物やパンの入ったかごを届けたり、蒸発器や排水ポンプの修理を手伝った。シャリーンは女だけの生活を支えてくれるテミンに感謝し、彼の存在を心強く思っていた。エンドアの戦いの後、ノラがアキヴァに戻ってきた時、シャリーンは険悪な雰囲気になっていたノラとイズメルの間に入り、テミンを連れてアキヴァを離れるべきだと義妹に助言した。[1]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。