Fandom


「オーガナ議員が目的達成のため、あなたの船は欠かせないと判断し、極秘裏に生産体制に入りたいと仰っている」
「シャンティポール計画は継続だな。もちろん、俺の監督のもとで。改良を加えたい点が山ほどある」
ジュン・サトークアリー[出典]
Quarrie WotM

プロトタイプB6の設計者、クアリー

シャンティポール計画(Project Shantipole)は共和国再建のための同盟の新型スターファイター製造計画。ヤヴィンの戦いの数前、モン・カラマリ宇宙船エンジニア、クアリーがこの計画に参加していた。クアリーは惑星シャンティポールプロトタイプB6(ブレード・ウイング)を製作し、ヘラ・シンドゥーラがテスト飛行を行った。プロトタイプB6がアイバー封鎖突破に貢献した後、ベイル・オーガナ元老院議員はブレード・ウイングの本格的な製造開始を決断する。

その後、プロトタイプB6を基にしたA/SF-01 Bウイング・スターファイタースレイン&コーピル社によって製造された。

登場エピソード

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。