シャンドリラ・ミストレス(Chandrila Mistress)はシャンドリラ帝国元老院議員モン・モスマが所有したテイランダー・シャトルである。反乱運動の秘密任務用にシグニチャー・モジュレーターを装備していた。2 BBY、<ミストレス>は銀河帝国から亡命したモスマを乗せ、ゴールド中隊に付き添われてスペクターズと合流する。<ミストレス>が帝国の奇襲で航行不能に陥ったため、モスマは<ゴースト>に乗り移った。

特徴

<シャンドリラ・ミストレス>はシャンドリラ元老院議員モン・モスマが個人用輸送船として使ったテイランダー・シャトルである。モスマは銀河帝国に秘密で反乱活動の任務をこなすこともあったため、<ミストレス>は船名偽造用のシグニチャー・モジュレーターを備えていた。このシャトルの船体は灰色で、ところどころ赤や黄に塗られていた。

歴史

帝国時代、モン・モスマは反乱軍ゴールド中隊の任務に<シャンドリラ・ミストレス>を使用していた。2 BBY、モスマはゴーマンの虐殺を批判したため帝国のお尋ね者となり、ゴールド中隊にエスコートされた<ミストレス>で帝国から脱走する。モスマの盟友であるベイル・オーガナ議員は、スペクターズと呼ばれる反乱分子にモスマの援助を依頼した。<ミストレス>とゴールド中隊は深宇宙でスペクターズのVCX-100軽貨物船ゴースト>と合流し、Yウイング燃料補給を行った。補給中、帝国軍の攻撃で<ミストレス>が深刻な損傷を負ったため、モスマは副官アースキン・セマージに付き添われて<ゴースト>に乗り移り、シャトルを放棄した。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。