Fandom


「塩だ」
―クレイトの地表のを舐めたシャープ軍曹[出典]

“ソルティ”・シャープ("Salty" Sharp)は人間男性で、ファースト・オーダーとの戦争に参加したレジスタンスの兵士である。階級は軍曹34 ABY、シャープはディカー撤退やファースト・オーダーとの艦隊戦を生き残り、U-55軌道ロードリフターに乗って惑星クレイトの地表に降りた。彼はこの星でカルアン・イーマット将軍率いる地上部隊に加わり、クレイト前哨基地の塹壕でファースト・オーダーの地上軍を迎え撃った。

経歴

Sharp on Crait

クレイトにて、シャープ

“ソルティ”というニックネームで知られたシャープ軍曹は、ファースト・オーダーとの戦争の時代にレイア・オーガナ将軍率いる私設軍隊レジスタンスに仕えていた。[2] 34 ABYにレジスタンスが惑星ディカー基地放棄した際、シャープはMC85スター・クルーザーラダス>に乗り込んでいた。<ラダス>を含むレジスタンス艦隊ハイパースペース追跡技術を利用したファースト・オーダーの攻撃で全滅の危機にさらされ、アミリン・ホルド中将の作戦のもと付近の惑星クレイトへの撤退が行われることになった。<ラダス>から発進したU-55軌道ロードリフターは次々とファースト・オーダーの軍艦に撃墜されたが、シャープの乗る輸送船は幸運にもクレイトの地上にたどり着くことができた。[1]

仲間と一緒にクレイト前哨基地に到着したシャープは、カルアン・イーマット将軍率いる歩兵部隊の一員として基地の塹壕に配置された。イーマット将軍がクワッドノキュラーファースト・オーダー軍を確認するため塹壕の外に出た時、シャープはクレイトの赤い地表を覆っている白い粉に興味を惹かれた。試しに粉を指にとって舐めてみたシャープは、それがであることを隣りにいた兵士に教えた。その後、レジスタンスの歩兵とスキー・スピーダークレイトの戦いでファースト・オーダーの攻撃を止めることができず、再び窮地に立たされた。しかしジェダイ・マスタールーク・スカイウォーカー幻影がファースト・オーダーを引き止める間に、レジスタンスの生存者はYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>に乗ってクレイトから脱出することができた。[1]

個性と特徴

シャープ軍曹は白人種の人間男性で、髪は灰色だった。シャープはクレイトで茶色のポンチョパンツブーツを身に着け、ブラステック・インダストリーズ社ヘプタ=マグ弾薬ベルトと階級章付きのヘルメットを携帯した。[2] 彼はファースト・オーダーとの戦いでEL-16HFEブラスター・ライフルを使用した。[1]

制作の舞台裏

“ソルティ”・シャープは2017年12月15日公開の映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』に登場するキャラクターである。俳優はマシュー・シャープ。映画公開に先立ち、12月9日StarWars.comで公開された映画制作動画にこのキャラクターが映った。映画のクレジットではニックネームしか記載されていないが、映画公開日に発売された設定資料集『スター・ウォーズ 最後のジェダイ ビジュアル・ディクショナリー』(パブロ・ヒダルゴ著)でシャープという名前が明かされた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。