Fandom


「シュー=トランは儀礼によって動く社会なのです」
トリオス王女[出典]

シュー=トラン(Shu-Torun)は銀河系ミッド・リムに属す火山惑星である。豊富な鉱物資源に恵まれ、シュー=トラン王族の統治のもと、鉱石貴族と呼ばれる特権階級によって独特の社会が築かれていた。

歴史

ヤヴィンの戦いデス・スターが失われた後、銀河帝国シス卿ダース・ヴェイダーシュー=トランの王鉱石貴族たちに協力体制の強化を求めるためシュー=トラン王国を訪問した。国王はヴェイダーを殺すため反逆者に扮した刺客を放ったが、舞踏会における暗殺が失敗に終わると、トリオス王女を道連れにしてヴェイダーを始末しようとした。しかしシス溶岩の洪水の中から脱出し、アサシン・ドロイド0-0-0BT-1を使って国王とモンサン王子、ホリアン王女を抹殺する。ヴェイダーは王族の生き残りであるトリオスを新しい女王に任命し、今後は帝国の奉仕者としてシュー=トランを統治するよう命じた。[1]

その後、シュー=トランの鉱石貴族たちは帝国とトリオス女王に対して反乱を起こした。ヴェイダーは改めてシュー=トランへ派遣され、帝国軍を率いて貴族の軍隊と戦うことになる。ヴェイダーはシュー=トランの資源供出能力の低下を顧みることなく貴族の採掘要塞を破壊していき、戦いを勝利へ導いた。また、ヴェイダーは帝国のドクターサイロが自分を倒すため鉱石貴族に肩入れしていたことを知った。トリオス女王はヴェイダーのやり方に倣って反逆者のリーダーであるルビックス男爵殺害し、その若い娘ビクセーヌを新しい男爵に任命した。[2]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。