Fandom


TheMandalorianChapter1

“ネタバレを踏んで行くか…冷たくなって行くか”

※ネタバレ注意:このページはTVドラマ・シリーズ『マンダロリアン』のネタバレ情報を含みます。

類似した名称の記事はショック・トルーパー(曖昧さ回避)を参照
「エンドアの後は仕事のほとんどが残党の始末だった。大半が元帝国の軍将ね。素早く隠密にやるよう指示されて、ドロップシップで送りこまれたの。援軍も無く、我々だけで。帝国軍が消えた後は政治闘争が始まった。私たち平和の守護者は、代表団を警護し、暴動を鎮めた。そんなことがしたかったわけじゃないのにね」
キャラシンシア・デューン[出典]

ショック・トルーパー(Shock trooper)、通称ドロッパー(Dropper)は共和国再建のための同盟新共和国に仕えた特殊歩兵である。ショック・トルーパーは銀河内戦で活躍し、エンドアの戦い以降は帝国軍軍将の残党狩りに回され、新共和国が誕生した後は平和の守護者として代表団の護衛や暴動鎮圧を任された。

歴史

Cara Dune Cantina The Mandalorian

キャラ・デューンは銀河内戦でショック・トルーパーとして戦った

共和国再建のための同盟エンドアの戦いで勝利した後、銀河帝国の司令官の多くは軍将となった。これを受け、同盟軍は帝国の残党を率いる軍将を討伐するためにショック・トルーパーを配備した。ショック・トルーパーたちには援軍も与えられず、素早く隠密に任務を遂行するようにとだけ命じられ、ドロップシップで戦場に送りこまれた。やがてこうした戦いも終わり、新共和国が形成されると、彼らの仕事は平和維持に変わった。ショック・トルーパーは代表団の護衛や暴動の鎮圧など、本来の任務とは異なる役割を新政府で担うことになった。[2]

ショック・トルーパーの一員だったキャラシンシア・デューンは新共和国での仕事に嫌気が差し、本人が言うところの“早期退職”に踏み切った。それ以来、彼女は追手を警戒しながら傭兵として生計を立てた。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

共和国再建のための同盟
同盟市民政府 議長 - 同盟内閣 (教育大臣 - 財務大臣 - 産業大臣 - 国務大臣 - 補給大臣 - 戦争大臣 - 内閣書記官)
反乱分子 アイアン戦隊 - スペクターズ - パルチザン - フェニックス戦隊 - マサッシ・グループ - ライロス解放運動 - ロザル抵抗勢力
組織 同盟軍 - 同盟軍最高司令部 - 同盟軍特殊部隊 - 同盟情報部 - 反乱軍技術者 - ローグ・ワン
同盟軍艦隊 艦隊司令部 - スターファイター司令部 - スターファイター隊 (グリーン中隊 - ゴールド中隊 - コロナ中隊 - ティアフォン・イエロー・エース - フェニックス中隊 - ブルー中隊 - ブレード中隊 - レッド中隊 - ローグ中隊) - 反乱軍パイロット
同盟軍地上部隊 トルーパー - 哨兵 - マークスマン - ヴァンガード - 重装兵士 - トワイライト中隊
主なビークル Aウイング - Bウイング - Uウイング - Xウイング - Yウイング - CR90コルベット - GR-75中型輸送船 - MC75スター・クルーザー - MC80スター・クルーザー - スキー・スピーダー - スノースピーダー - ネビュロンB - スフィルナ級コルベット - ブラハトック級ガンシップ
活動拠点 チョッパー基地 (アトロン) - ダントゥイン基地 (ダントゥイン) - ベース・ワン (ヤヴィン4) - マコ=タ宇宙ドック - エコー基地 (ホス) - 5251977 - クレイト前哨基地 (クレイト) - 燃料補給基地 (ヴロガス・ヴァス) - ホーム・ワン
その他 初期反乱運動 - 銀河内戦 - 反乱宣言 - 反乱同盟スターバード - 新共和国
[テンプレート]
新共和国
歴代議長 モン・モスマ - ラネヴァー・ヴィルチャム
組織 銀河元老院ポピュリスト - セントリスト) - 新共和国保安局 - 新共和国宇宙省 - セネト・ガード
軍隊 新共和国軍司令部 - 新共和国軍特殊部隊
宇宙軍艦隊司令部 - 本国艦隊 - スターファイター隊 - 新共和国軍パイロット
地上軍新共和国軍兵士
関連記事 銀河協定 - 軍備縮小法 - 主席議員 - シャンドリラ - ナカディア - ホズニアン・プライム
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。