ショートー・ライトセーバー(Shoto lightsaber)は通常よりも短い刃を発するライトセーバーである。ジェダイ・マスターヨーダのように通常のライトセーバーを振るうには身長が低い小柄な使い手がショートーを使用したり、二刀流の剣士がサイドウエポンとしてにショートーを持つことがあった。[7] 後者の例としてはジェダイアソーカ・タノ[2] 尋問官テンス・ブラザーらが知られる。[5]

特徴

ショートー[8]、あるいはショートー・ライトセーバーは[7] 短いブレードを発するコンパクトなライトセーバーである。主に二刀流を使う剣士が防衛用の補助武器として使用した。ヨーダのライトセーバーの場合、ヒルト(柄)の部分の長さが15センチメートルで、他のジェダイのライトセーバーに比べてヒルトも短かった。また、刃に対して直角のヒルトが付属した、ガード・ショートーと呼ばれるタイプのトンファー型のライトセーバーも存在した。[8]

歴史

共和国時代

長命のジェダイグランド・マスターヨーダは小柄な体に合わせてショートーのライトセーバーを作成した。[1] また同じく小柄なラニック種族ジェダイ・マスターイーヴン・ピールショートーのライトセーバーを所有していた。[4]

ジェダイ・パダワンアソーカ・タノモーティスの任務以前に二刀流剣術のジャーカイを使うようになり、ショートー・ライトセーバーを作成した。彼女のショートーのデザインは、もともと使っていた通常のライトセーバーとよく似ていたが、通常のセーバーの刃のが緑であるのに対し、ショートーはやや黄色がかった緑だった。[2] タノはクローン戦争の数々の戦いでこれらの武器を使用したが、やがてジェダイ・オーダーを去り、ライトセーバーは彼女の師であるアナキン・スカイウォーカーに預けられた。[9] しかし戦争終盤にタノがマンダロア包囲戦第501軍団を率いることになった際、スカイウォーカーは彼女にライトセーバーを返した。[10]

帝国時代

オーダー66を生き残ったアソーカ・タノは、18 BBY新しいライトセーバーを2本作製した。このセーバーは柄がわずかに湾曲したカーブド=ヒルト・ライトセーバーで、以前と同様、片方がショートーだった。[11]

銀河帝国尋問官テンス・ブラザーは、他の尋問官がダブル=ブレード回転式ライトセーバーを使う中、彼らと似たデザインのショートー・ライトセーバーを2本使用していた。[5] また彼はプロセット・ディブスという名のジェダイだったころは通常のライトセーバーを使っていた。[12]

登場エピソード

参考資料

脚注

ライトセーバー
ライトセーバーのフォーム
フォームI - フォームII - フォームIII - フォームIV - フォームV - フォームVI - フォームVII
ライトセーバーの種類
ケイン・ライトセーバー - クロスガード・ライトセーバー - カーブド=ヒルト・ライトセーバー - ダークセーバー
ダブル=ブレード・ライトセーバー - ダブル=ブレード回転式ライトセーバー - デュアル=フェイズ・ライトセーバー
ライトセーバー=ブラスター - ライトセーバー・パイク - ライトセーバー・ライフル - ショートー・ライトセーバー
ライトセーバーの部品
カイバー・クリスタル - 磁気安定リング - 焦点レンズ - ダイアチウム・パワー・セル - 不活性パワー・インシュレーター
ブレード・エミッター - ブレード出力調整器 - ブレード伸縮調整器 - ポメル・キャップ
関連記事
ギャザリング - ブリーディング - ライトセーバー戦 - ライトセーバー・ヒルト
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。