Fandom


「軍曹、助けは来ないと考えるわけを教えてくれんか」
「自分たちはクローンです。消耗品だと思われています」
「私は思わん」
―プロ・クーンとシンカー[出典]

シンカー(Sinker)はクローン戦争に参加したクローン・サージェントのニックネーム。共和国グランド・アーミー第104大隊ウルフパック部隊に所属し、クローン・コマンダーウォルフジェダイ将軍プロ・クーンに仕えていた。銀河共和国の艦隊がアブレガド星系独立星系連合の新兵器<マレヴォランス>に敗北した時、シンカーはヴェネター級スター・デストロイヤートライアムファント>に乗り込んでいた。シンカーはクーン将軍コマンダー・ウォルフ、ブーストと共に救命ポッドスター・デストロイヤーを脱出し、あてもなく宇宙空間を彷徨いながら助けが来るのを待った。グリーヴァス将軍が放った生存者討伐部隊を退けた後、シンカーたちはジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーパダワンアソーカ・タノに救出された。その後、シンカーはフェルーシアの戦いやアリーン支援作戦に参加した。

経歴

アブレガド

「こういう状況を一難去ってまた一難と言うんでしょうね」
「ユーモアのセンスが向上したな」
―シンカーとプロ・クーン[出典]

クローン・トルーパーのシンカーは共和国グランド・アーミー第104大隊ウルフパックの隊員としてクローン戦争に参加した。戦争の序盤、シンカーとウルフパックはジェダイ将軍プロ・クーン旗艦であるヴェネター級スター・デストロイヤートライアムファント>に乗り込み、独立星系連合サブジュゲーター級重クルーザーマレヴォランス>を追跡した。グリーヴァス将軍が指揮を執る<マレヴォランス>はアブレガド星系でクーンの艦隊に真っ向から勝負を挑み、大型イオン・パルス砲スター・デストロイヤーの機能を停止させた。共和国艦隊シールドで身を守ることもできずレーザー砲の餌食になり、シンカーはクーン将軍、コマンダーウォルフブーストと共に脱出ポッドに乗り込んだ。

シンカーたちのポッドはシステムに損傷を負ってデブリ帯の中を当てもなく浮遊した。ドゥークー伯爵とグリーヴァスは<マレヴォランス>からポッド・ハンターを送り出し、新型兵器の目撃者を無慈悲に始末していった。シンカーたちのすぐ近くでもポッド1977ロケット・バトル・ドロイドに破壊された。クーンとウルフパックのクローンたちはポッドの外に出てバトル・ドロイドと戦い、救難信号を出し続けるポッドを守った。クーンはフォースを使ってシンカーを敵の背後まで移動させ、敵のドロイドを一掃する。その後、4人はジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーパダワンアソーカ・タノが乗るG9リガー級軽貨物船トワイライト>に救出され、外科医ドロイドTB-2の治療を受けた。<トワイライト>はスカイウォーカーの操縦で<マレヴォランス>の攻撃を振り切り、シンカーたちを無事<レゾリュート>に届けた。

フェルーシア

「コメット、シンカー、ブースト、登って!」
アソーカ・タノ[出典]

シンカーたちウルフパック部隊のメンバーは、スカイウォーカー将軍やコマンダー・タノと共に第二次フェルーシアの戦いに参加した。フェルーシアは以前にも戦場になったことがあったが、共和国は惑星から分離主義勢力を一掃することができずにいた。タノの指揮の下、シンカー、ブースト、コメット分離主義勢力前哨基地の防壁を上り、拠点の制圧に成功した。しかし、クローン兵の後ろにいたはずのタノは、トランドーシャンのハンター・ロ=ターレンに拉致されて姿を消していた。戦いが終わった後、シンカーたちはタノの捜索を行ったが、彼女はどこにもいなかった。

アリーン

「また地震か? ここへ来たのはマズかったな」
「俺もそんな気がしてきた」
―シンカーとブースト[出典]

クワイルーラ星系へ向かう途中、ウルフパックは地震に見舞われた惑星アリーンに立ち寄り、原住民アリーナの救援活動を行った。シンカーとブーストはアストロメク・ドロイドR2-D2プロトコル・ドロイドC-3POと共に惑星のメインフレーム・ステーションを訪れ、地震で壊れたコンピューターを復旧した。シンカーたちが住民のためにキャンプを設営する間、2体のドロイドはアリーンの地下世界を冒険し、地震の原因を突き止めた。彼らは地上と地下を隔てる封印を閉じて地震に終止符を打ったが、そのことを知らないシンカーたちは、2体のドロイドを厄介者扱いした。

カダーヴォ

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

個性と特徴

「かなり空気が淀んできたな」
「俺じゃなくてブーストのせいです。休暇の時しか風呂に入らない」
―ウォルフとシンカー[出典]

シンカーは賞金稼ぎジャンゴ・フェットの遺伝子から生み出されたクローンで、身長は1.83メートルだった。彼は黒い髪をブロンドに染めていた。アブレガドの戦いで脱出ポッドの中に取り残された時、シンカーは自分たちのために救助が来るはずなどないと考えていたが、絶望的な状況の中でもユーモアを忘れず、仲間たちの前で皮肉な冗談を口にした。

装備

アブレガドやフェルーシアの戦いに参加した時、シンカーはフェイズIクローン・トルーパー・アーマーを装着した。アリーン支援作戦では新型のフェイズIIを身に着けた。ウルフパック部隊の他の隊員と同様、シンカーのフェイズIおよびフェイズIIヘルメットの額部分にはオオカミの模様が描かれていた。また、彼のフェイズIIヘルメットはアゴや“頬”の部分が灰色で縁取られ、他の隊員と差別化されていた。シンカーは戦闘時にDC-15Aブラスタージェットパックを使用した。

登場エピソード

Sinker Boost Armor

シンカー(左)とブースト(右)のフェイズIIアーマー。ダレン・マーシャルによるコンセプト・アート

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。