Fandom


「できるだけ早くここを出よう」
「異論はない」
ハン・ソロカルアン・イーマット[出典]

シーアコン(Cyrkon)はアウター・リム・テリトリーのはずれ、ハット・スペースの端に位置した惑星である。産業化によって大気が汚染され、人びとは惑星に点在する6つのドーム都市の中で生活していた。ヤヴィンの戦いの直後、共和国再建のための同盟シュライクスを率いるカルアン・イーマット中尉帝国保安局による襲撃を逃れてシーアコンへやってきた。同盟軍はハン・ソロチューバッカをシーアコンへ派遣し、保安局のアレシア・ベック司令官からイーマットを救出した。

特徴

「シーアコンに反乱軍をかくすつもりなら、長くはもたない。ハットに近すぎる。すぐに売られちまう」
ハン・ソロ[出典]
Motok

ドーム都市モトック

惑星シーアコンはアウター・リム・テリトリーのはずれ、ハット・スペースの端に位置し、ひとつの恒星と6惑星(シーアコン含む)を包括する星系に属した。[1] シーアコンは宇宙から見るとオレンジの球体で[2]大気は汚染されていた。シーアコンは犯罪者たちが集まる惑星で、表向きには労働力が惑星経済を支えていることになっていたが、実際には貨物や武器、スパイス奴隷の売買が行われていた。[1]

シーアコンには6つしか都市がなく、その中で圧倒的な大きさの街モトックが事実上の首都になっていた。シーアコンはもともと牧歌的な環境が広がっていたが、産業の発展によって大気が汚染されたため、都市は大型のドームに覆われて密閉されていた。ドーム内では気温が一定に保たれ、大気もコントロールされた。ドームの外の気温は高く、地上は焼けつくような暑さになっていた。都市には人口が集中していたが、サービスは行き渡らず不便だった。[1]

歴史

シーアコンはクローン戦争のはるか昔に植民地化された。当時のシーアコンは豊かな環境に恵まれていたが、産業化によって荒廃し、人びとは汚染された大気を遮断したドーム都市で生活するようになった。帝国時代、シーアコンは銀河帝国の支配下に入っておらず、ならず者が大勢行きかう惑星として栄えていた。ヤヴィンの戦いの直後、タナブ帝国保安局による奇襲攻撃を受けた反乱同盟軍の偵察部隊シュライクスのリーダー、カルアン・イーマット中尉がシーアコンへ逃げ延びた。帝国よりも先にシーアコンに駆け付けるため、プリンセスレイア・オーガナは快速船<ミレニアム・ファルコン>のハン・ソロ船長にイーマット救出任務を依頼した。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。