Fandom


シールド・ガントレット(Shield gauntlet)は手首に装着してブラスター・ビームから身を護るとして使用するガントレットである。クラウド=ライダーズの指導者エンフィス・ネストが所有していた。エンフィスのガントレットは、ベスカー合金製のアーマー・プレートが分割構造のサーボ=ジョイントに沿って扇形に広がる仕組みになっていた。このプレートは普段は収納でき、戦闘時に体の中心をブラスターの攻撃から守るために展開することができた。[1]

10 BBYヴァンドアイリディウム山脈を走るコンヴェイエクスの上でトバイアス・ベケット戦った際、エンフィス・ネストはシールド・ガントレットを使って重ブラスター・ピストルのビームを防御し、敵との距離を一気に詰めた。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。