Fandom


シーヴォア(Seevor)はトランドーシャン男性で、マイニング・ギルドのメンバーである。帝国時代クローラー413-24キャプテンを務めた。1 BBYクローラー反乱同盟のメンバーによって奪取された時、シーヴォアは反乱者エズラ・ブリッジャーとの戦いに破れ命を落とした。

経歴

シーヴォアは数世代にわたってマイニング・ギルドに仕えるトランドーシャンの一族に生まれた。[1] ギルドに強い忠誠心を抱くシーヴォアは[3]、ギルドが開発したクローラー413-24キャプテンを任されていた。シーヴォアはこのオア・クローラーを使って惑星ロザルの自然を破壊し、銀河帝国にとって有益な資源を集めた。[4] シーヴォアのクローラーでは奴隷が酷使され、同じくトランドーシャンのプローチが奴隷監視人を務めた。[1] シーヴォアは海賊を嫌い、自分のビークルや一族の資産を守るためなら手段を選ばなかった。[3]

1 BBY、シーヴォアのクローラーがロザルの南半球で草原を焼き払っていた時、反乱同盟ロザル抵抗勢力のメンバーが機内に侵入した。彼らは惑星外にいる仲間と交信するためクローラーの長距離通信アレイを利用しようとしていたのである。シーヴォアは侵入者に激しく抵抗し、なんとしてもビークルの支配権を取り戻そうとした。シーヴォアはブリッジのクローゼットに閉じ込められたが換気シャフトから逃げ出し、反応炉室で通信装置の動力を切った。しかしシーヴォアはジェダイエズラ・ブリッジャーに見つかり、格闘で応戦したもののブリッジャーが落としたライトセーバーに躓き、炎を上げるリアクター・コアに落ちて命を落とした。[1]

制作の舞台裏

シーヴォアはTVアニメ・シリーズ『スター・ウォーズ 反乱者たちシーズン4の第8話『Crawler Commandeers』に登場するキャラクターである。声優のセス・グリーンは『クローン・ウォーズ』でアイオン・パパノイダトド360を演じた経歴を持つ。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。