Fandom


「ブルー3って呼んでちょうだい」
―ジェシカ・パヴァ[出典]

ジェシカ・パヴァ(Jessika Pava)、愛称ジェス(Jess)は惑星ダンドラン出身の人間女性で、レジスタンスに所属したスターファイターパイロットである。レジスタンス基地ドロイドのアップデートや飛行装置の試験といった仕事も任されていた彼女はテスター(Testor)という通称でも知られ、ドロイドたちからはグレート・デストロイヤー破壊大魔王(Great Destroyer)と恐れられていた。幼い頃、家族とともに海賊に捕まり、奴隷として売り飛ばされた経験があるパヴァは、誰かに隷属する生き方に強い抵抗感を抱くようになった。のちに彼女は新共和国宇宙軍で訓練を積み、やがてファースト・オーダーと戦うレジスタンスに加わり、T-70 Xウイングからなるブルー中隊コールサインブルー3”を与えられた。若い世代のレジスタンス・パイロットである彼女は、ルーク・スカイウォーカーウェッジ・アンティリーズを始めとする銀河内戦の英雄たちの伝説を聞きながら育ち、自らもXウイング・スターファイターで宇宙へ飛び立つことを夢見ていた。

32 ABY、パヴァはポー・ダメロン率いるブラック中隊の一員として、ロア・サン・テッカ捜索任務に参加した。彼女たちはサン・テッカの足取りを追う過程で、惑星オヴァニスメガロックス・ベータファースト・オーダー保安局テレックスと衝突した。砂漠の惑星軌道における戦いでテレックス配下のランク・ギャングに勝利した後、パヴァはジャーナリストスラリンダ・ジェイヴォスと組み、ファースト・オーダーの脅威を新共和国に伝えるためスパレックスで情報収集任務を行った。のちにブラック中隊はサン・テッカの捜索を再開し、彼が囚われている惑星ケイト・ニモーディアで、陽動のため大量のヴァルチャー・ドロイド戦った。ブラック中隊はグレート・フォーヴィーン星雲でサン・テッカの救出に成功したが、パヴァはこの戦いでアストロメク・ドロイドアイヴィーを失った。

34 ABY、ダメロンがジャクーでサン・テッカと再接触した後、パヴァはスターキラー基地攻撃作戦に参加し、ファースト・オーダーの防衛部隊と空中戦を繰り広げた。この戦いを生きのびた後、パヴァとブラック中隊隊員はテミン・ウェクスリー隊長指揮のもと、レジスタンスの仲間を探す任務に出た。しかし彼女たちは最初の寄港地である惑星パストリアシロックに利用され、シロックの敵対者を滅ぼす手伝いをさせられてしまった。しかしイックラックでは、グレイル・シティファースト・オーダー軍から防衛することに成功した。クレイトの戦いの後、パヴァたちはレジスタンス本隊がほぼ壊滅状態であることをダメロンから知らされ、仲間探しを続行することになった。パヴァはスラリンダとともにラタタックへ発ち、元帝国軍将校軍将テザ・ナツをレジスタンスに引き込こんだ。

経歴

生い立ち

「あなたのご主人様について、別の話をしてよ。何百万回もくりかえされた話じゃないやつを」
―C-3POに対し、ジェシカ・パヴァ[出典]
Jessika Pavas bad memories

海賊に捕まった幼いパヴァとその家族

人間女性、ジェシカ・パヴァは[3] 2 ABY以降に[2] ハット・スペースに属す惑星[8] ダンドランに生まれた。[1] 幼少期、パヴァとその家族は海賊に捕まり、奴隷として売られたことがあった。[9] この経験は彼女の後の人生に大きな影響を与え、他者によって縛られる生き方に強い嫌悪感を抱くようになった。[10]

パヴァは幼い頃から、ルーク・スカイウォーカーウェッジ・アンティリーズといった前世代の伝説的パイロットに憧れていた。[5] 特に共和国再建のための同盟の英雄であるルークには深い敬意を抱き[9]、彼は銀河系で最も偉大なパイロットだと考えていた。[4] 彼女は誰も気にかけないような惑星で育った自分をルークと重ね合わせ、故障したエアスピーダーを使って独学で操縦を学んだ。また彼女はスキップフィッシュに乗ってダンドラン・アイティースと呼ばれる地形を飛行したこともあった。[11]

パヴァは新共和国防衛艦隊に在籍していたこともあったが[6]、最終的にルーク・スカイウォーカーへのあこがれから、レイア・オーガナ将軍率いるレジスタンスに加わった。[9] エンドアの戦いから約30標準年が過ぎた当時、パヴァはT-70 Xウイング・スターファイターを操縦するレジスタンス・パイロットとなり、ブルー中隊に配属され、コールサインブルー3”を与えられていた。彼女はスターファイターに乗って宇宙へ出る任務を好んでいたが、しばしば惑星ディカーにあるレジスタンス基地で、アストロメク・ドロイドのリストを作ったり、宇宙船での作業に従事するドロイドのプログラムをアップデートし、飛行装置をテストするといった整備の仕事を任されていた。[4] また彼女は“テスター”というあだ名をちょうだいすることになった。[5]

Jess Pava and C-3PO

ジェシカ・パヴァとC-3PO

ディカーの基地で整備業務を担当することになった、パヴァは3POシリーズ・プロトコル・ドロイドC-3POと知り合った。C-3POは作業の手伝いを申し出たが、R4アストロメクと口論になり、診断プログラムが中断されて最初からやり直しになってしまった。パヴァはC-3POを体よく追い払おうとしたが、このプロトコル・ドロイド銀河内戦で数多くの重要なできごとに立ち会ったことを知ると、ルーク・スカイウォーカーに関するあまり世間に知られていない話を聞かせて欲しいと頼んだ。するとこのお喋りなドロイドは、ルークがヤヴィンの戦いの直後に惑星デヴァロンで経験した冒険を語り始めた。パヴァはルークとゴミ漁りサルコ・プランクの戦いや、ファーネイという名の女性デヴァロニアンとの出会いについて知ったが、話の途中で司令センターからの呼び出しを受けた。パヴァはルークがのちにファーネイと再会を果たしたことだけを確認し、C-3POと別れて司令センターへ向かった。[4]

ブラック中隊

全面戦争

スターキラー基地の戦い

「背後につかれた! 見えるか?」
「ええ、任せて」
スナップ・ウェクスリーとジェシカ・パヴァ[出典]

タコダナの戦いの後、レジスタンスは本部ディカーを防衛するためファースト・オーダー超兵器スターキラー基地に対して攻撃を仕掛けた。パヴァは再びブルー3として飛行するチャンスに恵まれ、ポー・ダメロンたちと共に雪に覆われた惑星でTIE/fo制宙戦闘機との戦いに臨んだ。レジスタンスは多くのパイロットを失ったが、この戦いに勝利した。

制作の舞台裏

ジェダイの剣術を磨け! ルーク・スカイウォーカーの冒険』ではジェシカ・パバ、『LEGO スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ではジェシカ・パーヴァと表記されている。

登場エピソード

参考資料

脚注

レジスタンス
主な人物 レイア・オーガナ将軍 - アミリン・ホルド - エロー・アスティ - カルアン・イーマット - ギアル・アクバー - ケイデル・コー・コニックス - コー・セラ - ジェシカ・パヴァ - スタトゥラ - タスリン・ブランス - テミン・ウェクスリー - ナイン・ナン - ペイジ・ティコ - ハーター・カロニア - ポー・ダメロン - ローズ・ティコ
組織 最高司令部 - レジスタンス情報部 - ドロイド・スパイ網 - 地上兵站部門 - 地上クルー - 技術者
軍隊 宇宙軍艦隊司令部 - スターファイター隊 - レジスタンス・パイロット - クリムゾン中隊 - コバルト中隊 - ブラック中隊 - ブルー中隊 - レッド中隊
地上軍レジスタンス・トルーパー - “レブ”中隊 - エクセゴル上陸チーム
主な乗り物 MG-100スターフォートレス - MC85スター・クルーザー - RZ-2 Aウイング - T-70 Xウイング - U-55ロードリフター - スキー・スピーダー - ネビュロンC - ヴァクビオア級貨物フリゲート - バンカー・バスター - レジスタンス・トランスポート
活動拠点 ディカー (レジスタンス基地) - <ラダス> - クレイト (クレイト前哨基地) - アノート (レジスタンス野営地) - エイジャン・クロス (レジスタンス基地)
その他 冷戦 - ファースト・オーダー=レジスタンス戦争
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。