Fandom


「読んだのか、おまえは? 読むのが止まらんようなものでもあるまい。知恵はあるかもしれん。だがそこに含まれはしない、あの娘、レイが備えておらぬようなものはな」
ヨーダ霊体[出典]

ジェダイの聖典(Sacred Jedi texts)は、海洋惑星オク=トーツリー・ライブラリーに保存されたと巻物の蔵書である。[2] これらは古代信仰の礎となったジェダイの古文書の原本であり、それぞれアイオノミカラマゴンといった神秘的な響きの名前がつけられていた。[3] でできた非常に貴重なこれらの聖典には、ジェダイの失われた知恵や能力が解説されており[1]、ジェダイがフォースのライトサイドを選んだ経緯について記述した書物もあった。[4] ジェダイの聖典を収めた、ユネティの木でできたライブラリーは、最初のジェダイ・テンプル同じ島にあり、オク=トーの気候から蔵書を保護していた。[5]

ジェダイ・マスタールーク・スカイウォーカーは長年の探求の旅で古代の書物を集め、ツリー・ライブラリーに保管した。[1] 34 ABY、ルークに会うためオク=トーにやってきたレイは、フォースの呼びかけに従ってジェダイの聖典の蔵書室にたどりついた。ルークは、この本は自分と同じくジェダイの信仰の最後の生き残りだと説明した。レイが去った後、ルークはツリー・ライブラリーを聖典もろとも焼き払おうとして途中で断念したが、ヨーダ霊体が姿を現し、雷を蔵書室に直撃させた。しかしルークは知らなかったが、蔵書室の中にあった聖典はすでにレイが<ミレニアム・ファルコン>に積んで持ち出していた。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。