Fandom


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「学んだことを伝えよ。知恵はもちろんのこと、愚かさもだ。熟練した力も良いが、弱さと失敗もだ。何よりも、失敗を。最も偉大な師なのだ、失敗はな。わしらは、あの者どもに乗り越えられるべきもの。それこそが、あらゆる師に課せられた、真の試練なのだ」
ヨーダ[出典]

ジェダイ・マスター(Jedi Master)はジェダイ・オーダーの階級のひとつで、強力なジェダイに与えられる称号である。その多くはオーダーを導く立場にあった。オーダーの統治機構であるジェダイ最高評議会は12名のジェダイ・マスターによって構成されたが、例外としてアナキン・スカイウォーカーシーヴ・パルパティーン最高議長の代理人という形で、ジェダイ・ナイトのまま評議員に加わった。

歴史

「お前はダゴバ星系へ行かねばならん。そこでヨーダから教えを受けるのだ。私を指導してくれたジェダイ・マスターだ」
オビ=ワン・ケノービ[出典]

およそ900歳の寿命を全うしたヨーダは、最長老のジェダイ・マスターのひとりだった。

ジェダイ評議会は12名のジェダイ・マスターによって構成されていた。そのうちのひとりはグランド・マスターの称号を保持した。グランド・マスターは、他の評議員たちの同意を得てジェダイ・ナイトにマスターの階級を与えた。

デパ・ビラバルミナーラ・アンドゥリを始めとする多くのジェダイ・マスターがパダワンと呼ばれる弟子を取り、彼らにフォースの道を教えていた。

クローン戦争の末期、シーヴ・パルパティーン最高議長は、アナキン・スカイウォーカーを評議会のメンバーにするようジェダイに要請した。評議会はこれを受け入れたが、スカイウォーカーにマスターの称号を与えなかった。マスターの階級に達していない評議員は、ジェダイ・オーダーの歴史にも前例のないことだった。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。