Fandom


「ジェルーカンの民よ、今日をもってこの偉大な銀河における君達の孤立は終わりを告げる。そしてジェルーカンが銀河帝国軍の中にふさわしい位置をもつ、名誉ある新たな未来が始まるのだ」
グランドモフウィルハフ・ターキン[出典]

ジェルーカン(Jelucan)はアウター・リム・テリトリーに属す岩山の惑星である。この惑星では、最初の移民である“第1派”と、より裕福な“第2派”の人々とのあいだで民族的な対立があった。ジェルーカンはクローン戦争当時は独立星系連合の支配下にあったが、11 BBY銀河帝国併合された。ジェルーカンは銀河内戦を戦ったセイン・カイレルサイエナ・リー母星である。

特徴

Jelucan First Wave Manga

第1派の居住地

ジェルーカンは銀河系アウター・リム・テリトリーに属す、寒冷な岩惑星である。人間と複数のエイリアン種族が居住し、住民はジェルーカニと呼ばれた。惑星の住民はふたつのコミュニティに分かれており、ひとつは辺境の峡谷で生活を送る人間の民族“第1派”、もうひとつは首都ヴァレンシアをはじめとする中心部の都市に住む人間やエイリアンの居住者“第2派”である。第2派は“峡谷の民”こと第1派の人々と比べて裕福であり、ふたつのコミュニティは互いに嫌い合っていた。第2派が峡谷の民を原始的で迷信深い連中として見下していたのに対し、第1派は第2派を強欲かつ傲慢な連中とみなして嫌っていた。またジェルーカンはムーンヤクと呼ばれる非知覚動物の母星であり、住民は隆起した地形で荷物を運搬する際にムーンヤクを利用していた。[1]

この惑星は彫刻などの材料として用いられるジェルーカニ・フォッグストーンの産地として知られた。[3] また岩の地形での移動手段として、リッジクローラーという乗り物が一般的に使用されていた。[1]

歴史

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

制作の舞台裏

ジェルーカンは2015年に発売された「ジャーニー・トゥ・フォースの覚醒」シリーズのジュニアノベル『ロスト・スターズ』(クラウディア・グレイ著)で初登場を果たした。2016年には、同じくグレイによる小説『ブラッドライン』で“ジェルーカニ・フォッグストーン”が言及された。この用語は翻訳版で「ジェルカン産のフォッグストーン」と表記されている。ジェルーカンのイラストは2016年発売の設定資料集『スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス』で初めて掲載された。本書の翻訳版ではジェルキャン表記が使われている。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。