Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「これからこのジェルーカンは銀河帝国が支配する。何もかもが変わるに違いない。今までできなかった“いろいろなことをする”チャンスが増えるだろう。“いろいろなものになる”チャンスが」
―娘のサイエナに対し、パロン・リー[出典]

11 BBYアウター・リム・テリトリー惑星ジェルーカン銀河帝国によって正式に併合された。ジェルーカンはクローン戦争独立星系連合に与したため、帝国が設立されてからその傘下に入るまでに8を要した。この日、第1派第2派の人々が惑星の首都ヴァレンシアに集まり、民族を問わず、帝国による併合を歓迎した。記念式典にはグランドモフウィルハフ・ターキンが姿を表し、自らスピーチを行った。第1派の少女サイエナ・リーと第2派の少年セイン・カイレルはこの式典のさなかにターキンと出会い、将来は帝国軍の軍人になることを誓いあった。[3]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。