Fandom


類似した名称の記事はジオノーシスの戦い(曖昧さ回避)を参照
「ドロイド・ゴトラがね、ジオノージアンの女王が生き延びてドロイド工場を支配してるって情報を得たの。彼らは炭素生物の圧政から工場を解放したいらしいけど…それを私達が丸ごと頂くって寸法よ」
―ダース・ヴェイダーに対し、ドクター・アフラ[出典]

ジオノーシスの秘密任務(Secret mission to Geonosis)はヤヴィンの戦いの後にシスの暗黒卿ダース・ヴェイダー惑星ジオノーシスで遂行した任務である。ヤヴィンの戦いサイムーン1の戦いで続けざまに失態を演じ、皇帝シーヴ・パルパティーンから降格を命じられたヴェイダーは、盗賊考古学者ドクターチェリ・ローナ・アフラアサシン・ドロイドBT-10-0-0の助けを借り、皇帝には秘密で私設バトル・ドロイド軍団の創設に着手する。ヴェイダーはジオノージアン虐殺を生き延びたカリーナ・ザ・グレート女王ドロイド製造機械を使って大量の“子ども”を生産していることを知り、機械を奪うためはるばるジオノーシスへ赴いた。BT-1が女王のB1バトル・ドロイドと戦っているあいだに、ヴェイダーは女王の肉体に繋がっていた製造装置をライトセーバーで切り離した。その後、アフラは宇宙船<アーク・エンジェル>を遠隔で操作し、女王の巣窟の天井に穴を開けた。一行はヴェイダーのヌビアン・スターシップによって巣穴から回収され、ジオノーシスから脱出する。任務の後、ヴェイダーは製造機械を使ってBXシリーズ・ドロイド・コマンドーの私軍を作り、ドクター・サイロ研究基地襲撃に使用した。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。