Fandom


ジャイ・ケル(Jai Kell)は惑星ロザル出身の人間男性で、元帝国軍士官候補生、反乱者である。初期反乱運動の時代、ケルはロザルのキャピタル・シティにある帝国青少年アカデミーストームトルーパーになるための訓練を受けていた。帝国アカデミー在学中、彼はLRC077分隊に属すユニット・オーレクのメンバーになる。ケルは同じユニットの候補生ザーレ・レオニスパンダック・サイムスらと親しくなったが、ナズロス・オレグとはうまくいかなかった。またケルにはフォース感応能力が備わっていたが、彼自身はそのことに気づいていなかった。しかしフォースの力は彼がアカデミーの訓練で優秀な成績を収める助けになっていた。

5 BBYジェダイパダワンで反乱者のエズラ・ブリッジャーが“デヴ・モーガン”という偽名を使って帝国青少年アカデミーに潜入した。エズラは帝国のカイバー・クリスタル輸送船の場所を突き止めるため、帝国複合施設からデコーダーを盗み出そうとしていたのである。ケルはモーガンとも親しくなったが、彼ら2人はフォース感応者の発見・拘束を目的とした帝国の秘密プロジェクト、“ハーヴェスター計画”に引っかかり、大尋問官に目をつけられてしまう。大尋問官がロザルにやってくることを知ったブリッジャーとレオニスはケルに事情を打ち明け、嫌がる彼をなんとか説得してアカデミーから逃がすことに決めた。ケルは訓練でAT-DPウォーカーに乗り込んだ際にアカデミーから脱出し、<ゴースト>の反乱者たちの助けを借りて帝国から身を隠した。

1 BBY当時、ジャイ・ケルはロザリアンライダー・アザディ総督率いる反乱分子のメンバーになっていた。この年、エズラとスペクターズのメンバーが反乱同盟の指導者モン・モスマの命令でロザルに帰還し、新型TIEディフェンダーの情報収集任務に着手した。ケルはオールド・ジョーズ・ピット・ストップ帝国軍に捕まりかけていたブリッジャーとサビーヌ・レンを救い、スペクターズをジョザルの街の地下トンネルへ逃がす。

登場エピソード

Jai Kell

5 BBY当時のジャイ・ケル

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。