Fandom


ジャクー観測所(Jakku Observatory)は惑星ジャクーに設置されていた観測所である。銀河皇帝シーヴ・パルパティーン銀河系各地に置いていた観測所の1つで、皇帝の死後に、帝国の破壊を目的とした終末司令に利用された。プレインティヴ・ハンド高原の下に位置し、皇帝のヨットインペリアリス>のレプリカや未知領域のマップを図示したコンピューターシスの遺物や工芸品の倉庫が収容され、ジャクーの核へ続く採掘坑が収容されていた。帝国の助言者であるガリアス・ラックスは、観測所を利用してジャクーを爆破し、帝国および新共和国艦隊を同時に滅ぼす役割を与えられていた。しかし彼の企みはレイ・スローネ大提督ノラ・ウェクスリーブレンティン・ロアー・ウェクスリーらによって挫かれた。[1]

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。