Fandom


「ジェダイ・テンプルに職を得るのがどんなに大変か分かってるの? ジェダイのために働くことを誇りに思ってた。彼の夢だったの」
―レッタ・ターモンド[出典]

ジャッカー・ボウマーニ(Jackar Bowmani)はアビシン男性で、ジェダイ・テンプルで働いた技術者。武器弾薬に詳しく、ナノ兵器のスペシャリストだった。銀河共和国末期、彼は人間レッタ・ターモンドと結婚し、コルサントアパートメントで生活を送った。クローン戦争中、ジェダイの戦争活動に反対するターモンドはテンプルを爆破するため夫を犠牲にした。

経歴

ジェダイ・オーダーのために働くことを夢見ていたジャッカー・ボウマーニは、厳しいテストを全てパスし、コルサントジェダイ・テンプルで職を手に入れた。しかし、彼の妻のレッタ・ターモンド銀河共和国ジェダイに対して夫とは異なる視点を持っていた。クローン戦争が勃発すると、ボウマーニはリパブリック・ガンシップに搭載する武器弾薬の統括責任者として働くようになり、ジェダイの戦争活動に反対していたターモンドを苛立たせた。

戦争の終盤、ターモンドはバリス・オフィーの助けを借りてテンプルに対するテロ行為を働いた。彼女はボウマーニの食事に大量のナノ=ドロイドを混ぜ、彼を生きた爆弾として利用した。ボウマーニはテンプルの格納庫で爆発し、片腕以外は回収できないほど粉々に吹っ飛んでしまった。この爆発は6人のジェダイ、クローン・トルーパー、テンプル従業員を巻き込む大事件となり、世間の反ジェダイ感情をあおり立てた。犯罪現場分析ドロイドルソーISCと共に事件の調査に当たったジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーパダワンアソーカ・タノは、ナノ=ドロイドを手掛かりにボウマーニの妻を捕まえた。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。