Fandom


ジャッカー=サン(Jakker-Sun)はアイソリアン男性で、銀河共和国元老院議員である。クローン戦争中、ジャッカー=サンと盟友の議員たちは、キャド・ベイン率いる賞金稼ぎグループが引き起こした元老院人質事件に巻き込まれた。

経歴

クローン戦争中の21 BBY、ジャッカー=サンは最高議長パルパティーンが推し進めていたプライバシー侵害強化法案に反対していた。投票の直前、彼は同じ意見の議員たち(ファイロベイル・オーガナオナコンダ・ファーパドメ・アミダラキン・ロブリヨ・チューチーダンタム・ルードジン・ポールネス)とともに元老院オフィス・ビルイースト・ウイングで会合を開く。しかし、彼らは不運にもキャド・ベイン率いる賞金稼ぎグループの人質になり、ズィロ・ザ・ハット共和国刑務所から釈放するための交渉材料にされた。ベインは用済みとなったジャッカー=サンたちを爆弾で殺そうとしたが、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーが間一髪で議員の命を救った。

登場エピソード

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。