Fandom


ジャット(Jhat)はパランダグミュージシャンである。体の外に強力なを持つジャットは、ダズヘックスと並ぶ有名なエフノンク・ホーン奏者だった。34 ABY当時、ジャットたちは惑星カントニカ都市カント・バイトにあるカジノで演奏を行っていた。[1]

制作の舞台裏

ジャットは2017年12月15日公開の映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』のために制作されたキャラクターである。ジャットの登場シーンはカットされたが、映画と同日に発売された設定資料集『スター・ウォーズ 最後のジェダイ ビジュアル・ディクショナリー』(パブロ・ヒダルゴ著)でこのキャラクターが紹介されている。

登場エピソード

参考資料

脚注


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。