Wookieepedia
Advertisement

「タトゥイーンではハットが唯一の法だ」
ノットルウィスキー・パパノイダ[出典]

ジャバの犯罪帝国(Jabba's criminal empire)はハット犯罪王ジャバ・デシリジク・ティウレによって率いられた犯罪組織である。砂漠惑星タトゥイーンにある宮殿を拠点とし、奴隷の売買や密輸入、恐喝など様々な悪事に手を染めていた。ジャバは政界と犯罪社会の双方に対して影響力を持ち、その権力はタトゥイーンのみならず遠く辺境の領域にまで及んでいた。またジャバはハット・クランの一員であり、その統治機構であるハット大評議会の有力メンバーでもあった。

ジャバの帝国の縄張りや権力は強大であったため、銀河規模の紛争において様々な勢力がその戦略的価値を利用しようとした。クローン戦争の序盤、銀河共和国独立星系連合の双方が、当初は中立を維持していたジャバを味方につけようとした。ジャバの息子、ロッタの誘拐を巡る一連の騒動のすえ、共和国はジャバと協定を結び、彼の支配領域を利用する許可を得た。戦争の終盤には、シス卿モール率いるシャドウ・コレクティヴがタトゥイーンの宮殿を強襲し、ジャバの犯罪帝国を含むハット・ファミリーを力ずくで傘下に引き入れた。ハットたちは一時的にモールに協力したが、コレクティヴはクローン戦争中に勢力を失った。

帝国時代皇帝シーヴ・パルパティーンヤヴィンの戦いにおける大敗の後にダース・ヴェイダーをタトゥイーンへ派遣し、銀河帝国とジャバの犯罪帝国のあいだに協定を結ばせた。この協定のおかげで、ジャバは帝国軍に物資を提供する代わりに、アウター・リム・テリトリーにおける犯罪活動の取り締まりを回避することができた。銀河内戦終盤の4 ABY、ジャバはカークーンの戦いで命を落とし、やがて彼の執事長だったビブ・フォーチュナが後釜についた。フォーチュナはモス・エスパで活動する犯罪ファミリーの長たちを出し抜いてジャバの後継者を名乗る程度には狡猾だったが、その地位と富を守るため、彼らに縄張りを分け与え、不安定な同盟関係に甘んじた。やがてフォーチュナを殺した元賞金稼ぎボバ・フェットが新たな大名として台頭し、かつてジャバのものだった縄張りを受け継いで、自らのゴートラを形成した。

概要

組織

ジャバとその執事長、ビブ・フォーチュナ

ジャバの犯罪帝国[9]ハット犯罪王にして[1] 大名[10] ジャバ・デシリジク・ティウレによって率いられた。[1] ジャバは銀河系で最も有力なギャングスターの1人であり、政治界と犯罪社会の双方に多大な影響力を持っていた。ジャバはハット・クランの諸問題や紛争を調停する統治機関、ハット大評議会のメンバーでもあり[11]、評議員の中でも特に危険な人物とされていた。ジャバは多くのハットと同じように贅沢を愛し、残酷な方法で一族を治めていた。[12] ジャバが指揮した悪事には奴隷売買武器およびスパイス密輸入ギャンブル、ゆすりや恐喝[13]、闇取引、殺人など[14]、様々な犯罪行為が含まれていた。惑星タトゥイーンを拠点とする犯罪帝国のビジネスは多大な利益を上げており、ジャバはアウター・リム・テリトリーで絶大な権力を有していた。[13]

ジャバの側近は執事長(メジャードモ)の肩書を持ち、トワイレックビブ・フォーチュナが長年にわたってこの職務に当たった。大きな権限を持つフォーチュナは、ジャバの犯罪組織における自らの権力を維持するためなら敵だけでなく味方にまで卑劣な手段を用いることで知られ、他の側近から恐れられていた。またジャバはタフで野蛮なガモーリアン種族衛兵たちを見張りとして雇っていた。彼らの知能の低さは欠点ではあるが、おかげで買収が不可能に近く、雇い主にとってはありがたい長所となった。[15] ジャバが部下として歓迎していたのは、ローディアンハンターや、時おり反社会的行動に走るスニヴィアン、残酷なウィークウェイといった人種だった。スキッフに乗りこむジャバの衛兵や見張り番はスキッフ・ガードと呼ばれ、危険な仕事であるため新入りが割り当てられることが多かった。[14]

ジャバはしばしばボバ・フェットやブラック・クルルサンタンといった腕利きの賞金稼ぎを雇った

ジャバ・ザ・ハットの周辺には、おべっか使いや陰謀の協力者、雇われ悪党、謎に包まれた人物など、多種多様な取り巻きが集まっていた。犯罪王のシンジケートがもたらす様々なチャンスにありつきたいと考える者もいれば、ジャバの権力と富を狙い、秘密の反抗計画を練る者もいた。しかしジャバはこうした必然的ともいえる陰謀を娯楽とみなしており、陰謀屋たちを互いに競わせたうえで最終的にひねりつぶしていた。ジャバの取り巻きの多くは、権力闘争や複雑な野望が渦巻く中、周囲に張り巡らされた陰謀の網を無視して自分に与えられた仕事をこなしていた。彼らはみな独自の背景を持ち、ジャバのもとへたどり着くまでにそれぞれ不可思議な経緯を歩んできた者たちだった。[14]

ジャバはしばしばボバ・フェットボスクアマナマンデンガー[16]クルルサンタンといった賞金稼ぎを雇った。[17] その中でも一番腕利きの傭兵はボバ・フェットだった。[16] ジャバは普段から標的の生け捕りと殺害どちらにも報酬を出していたため、彼のもとには多くの賞金稼ぎが集まっていた。[14]

ジャバは厳格な指導者であり、タトゥイーンの地方政府に貢物を要求して、彼らを従属させていた。こうした家臣たちは恐怖心から犯罪王に逆らおうとはしなかった。[18] またドク・ストラッシ率いるトランドーシャン・ファミリーや、ガーファラクオクス率いるアクアリッシュ・ファミリー、そしてクラトゥイニアンのファミリーなど、複数の犯罪組織、ゴートラがジャバに忠誠を誓っていた。[3]

縄張り

Blue Glass Arrow.svg こちらの記事も参照: タトゥイーンボバ・フェットの宮殿

ジャバは砂漠の惑星タトゥイーンの北部デューン・シーにそびえる宮殿を拠点にしていた。

ハットの怪しげなビジネスの影響で、タトゥイーンの数少ない港町には多くの放浪者や賞金稼ぎ、盗賊が集まっていた。

登場作品

参考資料

脚注

Advertisement