Fandom


ジャビ・ラン(Jabe Rann)はザブラク男性で、ジェダイ・オーダーに仕えたジェダイである。ランはアーティストでは無かったが、デュロスジェダイ・マスターウィシャンフォースを使って粘土彫刻を作るのを見るのが好きだった。ある日、ランが見守る中、ウィシャンはジェダイ・テンプル司書へ贈る72歳の誕生日プレゼントとして、10本脚の竜と巨大な塔、テンプルのレプリカ、そしてライトセーバーを持ったランの像を粘土で作った。[1]

出来上がった粘土の彫刻を乾かす間、ウィシャンはランに何か作ってみたらどうかと告げた。しかしランがフォースで作った彫刻はどれも、をくわえたフロッグ=ドッグのような外見になってしまった。ランが落胆していいた時、モン・カラマリの若いパダワンが忍び込み、ウィシャンの作品を盗もうとした。そこでランは大量の粘土を使って巨大な恐ろしい竜を作り、パダワンを追い払った。ウィシャンは笑いながらランに語りかけ、君は偉大なアーティストでは無いかもしれないが、少なくとも私の作品を護ってくれると告げ、一緒にディナーの席へ向かった。[1]

制作の舞台裏

ジャビ・ランは2020年6月10日に公開されたゲームショー番組『スター・ウォーズ:ジェダイ・テンプル・チャレンジ』のエピソード1で初登場を果たした。テンプル・チャレンジの出場者たちがクイズに挑戦するパートで、プロトコル・ドロイドAD-3が語って聞かせる物語の中に登場する。[1]

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。