Fandom


SWResistanceLogo

ネタバレの予感がする…

※ネタバレ注意:このページは『スター・ウォーズ レジスタンス』のネタバレ情報を含みます。

ジャレク・イェーガー(Jarek Yeager)は人間男性で、新共和国時代にコロッサス・ステーションで修理屋を経営していたメカニックである。ベテランのパイロットでもあるイェーガーは、銀河内戦共和国再建のための同盟の一員として戦った。戦争が終わった後、彼は静かで穏やかな暮らしを求め、アウター・リム・テリトリー洋惑星にある燃料補給ステーションで引退生活を送ることにした。

コロッサス・ステーションでメカニックとして働く傍ら、イェーガーは若きスターシップパイロットたちによって構成されるレース・チーム、“チーム・ファイアボール”の指揮も執っていた。冷戦の時代、彼は元新共和国軍パイロットであるカズーダ・ジオノをファイアボールの新メンバーに迎え入れた。しかしイェーガーはこの若きパイロットの正体がファースト・オーダーの情報を探るためにやってきたレジスタンススパイであることに気づいていた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。