Fandom


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「俺は銀河に自分の足跡を残したいだけの、単純な男だ」
―ジャンゴ・フェット[出典]

ジャンゴ・フェット(Jango Fett)は人間男性で、クローン戦争以前の時代に銀河系一の腕利きとして広くその名を轟かせた賞金稼ぎである。フェットはマンダロリアン・アーマーを身に着けて賞金稼ぎの仕事をしていたが、マンダロア政府は彼をマンダロリアンとして認めていなかった。フェットはシス卿ダース・タイラナスに雇われ、辺境の惑星カミーノへ赴き、共和国グランド・アーミークローン・トルーパー遺伝子を提供した。フェットのクローンは、オリジナルが持つ独立性を遺伝子操作で取り除かれ、銀河共和国に忠実な兵士として育成された。またフェットは遺伝子操作を行わない純粋なクローンを自分のために1体作るようカミーノアンに要請し、そうして生み出されたボバ・フェットを“息子”として育てた。

22 BBY分離主義危機が最高潮に達していた頃、フェットはパドメ・アミダラ元老院議員暗殺未遂事件に関与した。この事件の調査にあたったジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービは、暗殺者の足跡を追ってカミーノアンの母星にたどりついた。フェットはジェダイに捕まるのを避けるためボバを連れてスターシップスレーヴI>でカミーノから逃げ出し、惑星ジオノーシスで“タイラナス”こと独立星系連合指導者ドゥークー伯爵と合流する。ペトラナキ・アリーナでジェダイの攻撃チーム分離主義勢力ドロイド軍団のあいだに戦いが始まると、フェットはジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥに対決を挑んだが、敗北して命を落とした。彼の後、共和国軍として正式に採用されたクローン軍がジオノーシスに駆けつけ、戦いはジェダイ・オーダーと共和国の勝利に終わった。

ジャンゴ・フェットの死は、若きボバに強い復讐心を植え付けた。クローン戦争中、ボバはウィンドゥへの復讐を求め、野心的な賞金稼ぎとしてキャリアを歩み始めた。かつて“父親”がそうだったように、やがてボバは銀河史上もっとも危険な傭兵として有名になった。またフェットの遺産は、遺伝子コードという形でも、何百万というクローンに受け継がれた。シスの秘密兵器として準備されたクローン・トルーパーは、オーダー66発令に際してジェダイを裏切り、ダース・シディアスによる銀河帝国設立に大きく貢献した。フェットの“子孫”たちは帝国軍の初代ストームトルーパーとなったが、やがて帝国の兵士はクローンではなく人間の徴募兵と入れ替えられていった。

経歴

生い立ち

「ジャンゴ・フェットはただの賞金稼ぎです。奴がどうやってアーマーを手に入れたのかはわかりません」
アルメク首相[出典]
JangoSansHelmet-SWE

ジャンゴ・フェット

人間男性、ジャンゴ・フェットはナブー危機以前の時代に生まれた。[4] 彼はマンダロリアン惑星であるコンコード・ドーンの出身であると自称していたが、本当の出自は謎に包まれており、フェット自身もそれを望んでいた。[1] フェットはマンダロリアン・アーマーを身に着けていたが、惑星マンダロア新マンダロリアン政府は一切の関わりを否定しており、フェットは単なる賞金稼ぎに過ぎず、どこかでアーマーを盗んで手に入れたのだろうと主張していた。[8][9] また、マンダロリアン・アーマーはベスカー合金から作られるのが一般的だったが、フェットのアーマーはデュラスチール合金から作られていた。ただしそれ以外のほとんどの特徴は、何百も前にデザインされた伝統的な装甲服と同じだった。[1]

フェットは2丁のブラスター・ピストルを巧みに使いこなして逃亡者を追い詰め、賞金稼ぎの世界で頂点へ上り詰めていった。彼はクローダイト種族の同業者ザム・ウェセルと知り合い、ときおり彼女とパートナーを組んで暗殺などの仕事にあたった。[4] またフェットはウィークウェイ海賊ホンドー・オナカーや、賞金稼ぎのオーラ・シングとも知り合いだった。[10] やがてフェットは銀河系でもっとも腕利きの賞金稼ぎとして広くその名を知られるようになった。[1] マンダロリアンの装甲服に身を包んだフェットの活躍は、皮肉にも、フェットとの関与を否定しているマンダロリアンの男たちが、銀河系の人々から恐れられる原因のひとつとなった。[11] 賞金稼ぎとして悪名を轟かせた結果、やがて彼はシスの暗黒卿の関心を引くこととなった。[12]

遺伝子提供

「おれはボグデンの月のひとつで、タイラナスという男に雇われたんだ」
―ジャンゴ・フェット[出典]
Jango Fett meets with Dooku

ボグデンの月でタイラナスと対面したフェット

ナブーの戦いが終わって間もなく[4]、フェットはボグデンのひとつでダース・タイラナスと対面し、惑星カミーノで作られるクローン・トルーパー遺伝子提供者になるよう依頼された。タイラナスは元ジェダイ・マスターシス卿で、表向きにはドゥークー伯爵という名で知られていた。フェットはタイラナスの依頼を承諾し、2000万クレジットの報酬に加え[13]、老化の加速や独立性の抑制などといった遺伝子操作を行わない純粋なクローンを自分のために1体つくるようカミーノアンに要求した。フェットはこうして生み出されたクローン、ボバ・フェットを自身の“息子”として育てた。[3] またフェットはカミーノアンのクローニング計画に協力した報酬の一環として、ティポカ・シティ[4] 軍事複合施設[14] に小さなアパートメントを与えられ、ここで10年ほど暮らした。[4]

フェットはカミーノに留まり、クローン・トルーパーのフラッシュ=トレーニングの監督を務めた。[13] 遺伝子テンプレートを提供したうえ、トルーパーの訓練を監督したにも関わらず、フェットはクローン軍団に対して特別の誇りを抱いていたわけではなく、あくまでカミーノアンの業績だと割り切っていた。実際、彼はその後も賞金稼ぎとしての活動を継続した。フェットが謎のクライアントから大きな仕事を引き受けているという噂は、同業者のあいだにも広まっていた。ローディアンの賞金稼ぎニールダは、その仕事だけで充分な報酬を得ていると噂されているフェットが、他の仕事も取り続けていることを不思議に思っていた。[12]

分離主義危機

ジェダイの追跡

「時間をとらせて済まなかった、ジャンゴ」
「ジェダイのためなら、いつでも歓迎だ」
オビ=ワン・ケノービとジャンゴ・フェット[出典]
Jango OS TPB

ジャンゴ・フェット

22 BBY[2]分離主義危機の末期、フェットは独立星系連合に所属するトレード・フェデレーションヴァイスロイヌート・ガンレイからパドメ・アミダラ元老院議員暗殺依頼を受けた。[3] ガンレイはナブーの戦いでアミダラに味わわされた屈辱をいまだに忘れていなかったのである。フェットはこの仕事をザム・ウェセルに下請けさせ[15]、ウェセルはアミダラが軍隊創設法案に反対票を投じるため惑星コルサントにやってきた日に、ギャラクティック・シティのプラットフォームで議員のJタイプ外交船を爆破した。ウェセルは暗殺が成功したと思いこんだが、彼女が殺したのはアミダラに仕える影武者の侍女コーデだった。この爆破事件を受け、シーヴ・パルパティーン最高議長ジェダイ最高評議会ジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービパダワンアナキン・スカイウォーカーをアミダラの護衛につけることに決めた。[3]

その日の夜、フェットはザム・ウェセルと対面し、クライアントが苛立っていることを伝え、虫のコウハンが入った容器を彼女に手渡した。フェットは今度こそしくじらないよう念を押したが、暗殺はまたしても失敗に終わり、コウハンの運搬に使った[3] ASNクーリエ・ドロイド[13] ASN-121[14] から足がついてしまった。ウェセルは逃亡を試みたもののウスクル歓楽地区アウトランダー・クラブでオビ=ワンとアナキンに拘束された。ウェセルが路地裏に連れ出されてジェダイの尋問を受けた時、フェットはウェセルが依頼者の名を明かす前にカミーノ・セーバーダートで彼女を狙撃して口を封じ、ジェットパックを使ってすぐにその場から逃げ去った。しかしオビ=ワンはこのセーバーダートを調査し、惑星カミーノに由来がある品であることを突き止め、現地に赴くことに決めた。[3]

Jango Fett Armed to the Teeth SoH

ティポカ・シティのプラットフォームでオビ=ワン・ケノービと戦うジャンゴ・フェット

フェットがカミーノに戻ってしばらくして、オビ=ワンもこの惑星にやってきた。オビ=ワンはカミーノアンのラマ・スー首相と対面し、共和国のために作られたクローン軍団を視察した。オビ=ワンは、クローン軍団の発注者はジェダイ・マスターのサイフォ=ディアスだと教えられ、遺伝子提供者がカミーノに滞在していると知り、対面を求めた。オビ=ワンがカミーノアンのトーン・ウィー行政補佐官に案内されてアパートにやってきた時、フェットは装甲服を着ておらず、素顔でジェダイ・ナイトに応対した。フェットは最近コルサントを訪れたかというオビ=ワンの質問をはぐらかし、装甲服が置いてある部屋の扉をボバに閉めさせた。またフェットはサイフォ=ディアスのことなど知らないと語り、自分の雇い主がタイラナスという人物であることをジェダイに教えた。[3]

ジェダイが退室すると、フェットはボバに荷造りを命じた。一方オビ=ワンはジェダイ評議会に連絡を取り、クローン軍団の存在と、アミダラ暗殺未遂事件の犯人と思しき賞金稼ぎについて報告を行った。賞金稼ぎを捕らえて連れてくるようヨーダから命じられたオビ=ワンは、フェット親子が<スレーヴI>の発進準備をしているプラットフォームに姿を現した。フェットは即座にブラスターでジェダイを銃撃するも、ライトセーバーでビームを偏向された。しかしフェットはボバが操縦する<スレーヴI>の銃撃に助けられながら、ジェットパックやロケットを駆使してオビ=ワンと渡り合い、ウィップコードを敵の腕に巻き付けることに成功する。格闘戦のすえ、2人はコードで繋がったままプラットフォームから落ちそうになったが、フェットは腕甲のバイブロブレードで滑落をしのぎ、オビ=ワンだけを落下させることに成功した。[3]

ジオノーシスの戦い

「動くな、ジェダイ」
―アナキン・スカイウォーカーに対し、ジャンゴ・フェット[出典]
Pursuit over Geonosis

ジオノーシス星系でのドッグファイト

フェットはボバとともに<スレーヴI>でティポカ・シティから飛び立ったが、オビ=ワンは彼の船にホーミング・ビーコンを取り付けていた。フェット親子は、ドゥークー伯爵がガンレイを始めとする分離主義評議会のメンバーと会談を行っている惑星、ジオノーシスへ向かったが、この星を取り囲む小惑星に差しかかった時に、オビ=ワンのデルタ7イーサスプライト級軽インターセプターに尾行されていることに気づいた。フェットはサイズミック・チャージを放ってインターセプター撃退しようとしたが、オビ=ワンは衝撃波と小惑星の残骸を回避した。そこでフェットはインターセプターの背後をとり、レーザーの銃撃を浴びせた上、とどめに追跡ミサイルを放った。ミサイルが爆発した後、敵機の反応が無くなったため、フェット親子はジェダイが死んだと思いこんだが、実際は小惑星の裏に隠れて息を潜めているだけだった。[3]

フェットは<スレーヴI>でジオノーシスに降り、ガンレイやドゥークー伯爵と合流した。一方、オビ=ワンはフェットを追ってジオノージアンの建物に忍び込んだが、独立星系連合の密談を目撃した後、ドロイデカによって捕らえられ、ドゥークーの捕虜になった。それからしばらくして、アナキン・スカイウォーカーとパドメ・アミダラ議員がオビ=ワンを救うためジオノーシスにやってきた。彼らがジオノージアンドロイド工場に忍び込んだ時、ジャンゴはドロイデカと一緒にアナキンを取り囲み、降伏を求めた。アナキンはドロイド工場ライトセーバーを失っていたため、やむを得ず賞金稼ぎに降伏した。オビ=ワンとアナキン、パドメはスタルガシン・ハイヴペトラナキ・アリーナで処刑されることになり、フェットとボバはドゥークー伯爵やガンレイとともに、ポグル・ザ・レッサー大公のバルコニーでその模様を見学することになった。[3]

Jangodied

メイス・ウィンドゥに敗れるジャンゴ・フェット

獰猛なクリーチャーを使った処刑が始まった後、オビ=ワンを助けるために駆けつけたジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥが突如としてバルコニーに姿を現し、フェットの首にライトセーバーを突き付けた。すると、既にアリーナに入り込んでいた200名のジェダイが一斉にライトセーバーを起動し、ジオノージアンの観衆は散り散りになった。B2スーパー・バトル・ドロイドがバルコニーに現れてウィンドゥの注意が逸れると、フェットは火炎放射器でジェダイを攻撃し、彼をバルコニーから追い出した。ほぼ同時に分離主義勢力ドロイド軍がアリーナになだれ込み、ジオノーシスの戦いの火蓋が切って落とされた。戦いの途中、ジェダイのコールマン・トレバーがひとりでバルコニーに飛び込んできたが、ジャンゴは即座にブラスター・ピストルで彼を射殺し、ドゥークー伯爵を守った。[3]

戦いの最中、フェットはジェットパックでバルコニーから飛び立ち、アリーナで戦うウィンドゥの前に着地した。ウィンドゥは猛獣リークの突進をかわした際にライトセーバーを地面に落としており、それに気づいたフェットは敵の武器を奪おうと飛びついたが、ウィンドゥはフォースを使って自分のセーバーを回収した。結果的に、体勢を崩したフェットはリークの標的になってしまい、危うく踏み潰されそうになった上、ジェットパックが故障してしまった。ブラスターでリークを仕留めた後、フェットは距離を詰めてくるウィンドゥに向かって銃撃を行ったが、ビームはすべてライトセーバーで防御された。バルコニーにいるボバが見守る中、フェットはウィンドゥに右手と首を切断され、命を落とした。[3]

その後

フェットの死はボバに衝撃を与え、ウィンドゥへの憎しみを生んだ。ボバは賞金稼ぎのオーラ・シングボスクキャスタスの助けを借りて彼を狙うが失敗する。[16] その後、彼もマンダロリアン・アーマーを着て賞金稼ぎとなった。[17]

装備

装甲服とアーマー

JangoFett-OP

装甲服に身を包んだジャンゴ・フェット

ジャンゴ・フェットはマンダロリアンではないが、伝統的なマンダロリアン・アーマーヘルメットに身を包んでいた。マンダロリアン・アーマーはベスカー合金で作られることが多かったが、フェットのアーマーはデュラスチール合金でできていた。ただしそれ以外のほとんどの特徴は、数百年前のマンダロリアン=ジェダイ戦争においてフォース感応者と戦うために造り出された、伝統的なバトル・ギアと共通していた。このアーマーの主な特徴として、強力な各種武器が内蔵された手首のヴァンブレイス(腕甲)と、T字型のマクロバイノキュラー・ビュープレートが挙げられる。[1] 滑らかな銀色のアーマー・プレートは分割型であるため動きやすく[11]、フェットはその下に耐水性の薄紫色のフライト・スーツを着て、磁気ブーツを履いていた。[1]

フェットのヘルメットは銀色で、バイザーと側頭部が青く塗装されており[3]、右側頭部に照準用のレンジファインダーが取り付けられていた。[1] 彼はこのヘルメットに内蔵されたコンピューターで標的の位置を突き止め、ブラスターで止めを刺した。[4] またヘルメットのアイ・センサーを使えば後ろを見ることもできた。[11] カミーノアンのアーマー職人によって設計されたフェイズIクローン・トルーパー・アーマーは、フェットの装甲服からインスピレーションを受け、ヘルメットのT字型バイザーをはじめとする特徴を受け継いでいた。[4]

ジャンゴ・フェットはカスタムメイドのウェスター34ブラスター・ピストルを2丁携帯していた。この武器は近接戦闘時の火力に優れ、奇襲に適した設計となっていた。ウェスター34はダローリアン合金製であり、普通のブラスターなら溶けてしまうほどの熱に耐えることができた。またフェットのブラスターのグリップは軽量化のため肉抜きされており、素早く抜くことができた。[4] フェットはユーティリティ・ポーチがついた茶色いベルトからホルスターを2つ下げ、ピストルを差していた。[1]

Jango Fett blasters

ウェスター34ブラスター・ピストル

フェットの右腕のヴァンブレイスには[1]収納式リスト・ブレードと呼ばれる[6] バイブロブレードが内蔵され、左腕のヴァンブレイスにはクザーカ・アームズ社ZX小型火炎放射器ウィップコード発射装置[1]、ダーツ・シューターなどが内蔵されていた。[11] またアーマーのニー・パッドにはロケット・ダーツが仕込まれていた。フェットはこうした先進的な武器に加え、標的に接近する際に役立つ野戦用保安撹乱器ロック・ブレイカーといった数々の道具を所有していた。[1]

ジェットパックはマンダロリアン・アーマーの標準装備であり、フェットもZ-6およびJT-12ジェットパックを所有していた。いずれもスラスターを2基備え、磁気で背中に取り付けることができた。どちらのモデルもミサイル弾頭を1発発射することができたが[1]、背負ったミサイルへの一撃が着用者に制御不能な被害を与えかねないという弱点もあった。[18] フェットはカミーノでオビ=ワン・ケノービと戦った際にお気に入りのZ-6ジェットパックを破壊されてしまったため、ジオノーシスの戦いではJT-12を着用していた。[1] しかしこちらのジェットパックも、リークの攻撃で故障して火花を上げてしまい、メイス・ウィンドゥの攻撃をかわす役には立たなかった。[3]

ビークル

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

制作の舞台裏

ジャンゴ・フェットは2002年の映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』において初めて正式的に登場した。このときフェットを演じたのはテムエラ・モリソンである。[3] モリソンは2005年の映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』においてもコマンダーコーディをはじめとする複数のクローン・トルーパーを演じている。[19] また、2004年に発売された『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のDVDでは、ジャンゴのクローンであるという設定に合わせ、ボバの声を吹き替えている。[17]

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 スター・ウォーズ ビジュアル・ディクショナリー新完全版
  2. 2.0 2.1 スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス
  3. 3.00 3.01 3.02 3.03 3.04 3.05 3.06 3.07 3.08 3.09 3.10 3.11 3.12 3.13 3.14 3.15 3.16 3.17 3.18 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 4.6 4.7 4.8 アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科
  5. Encyclopedia-Logo Jango Fett - エンサイクロペディア (バックアップ・リンク - Archive.org)
  6. 6.0 6.1 6.2 StarWars-DatabankII Jango Fett - 公式データバンク
  7. スター・ウォーズ フォースの覚醒:ヘッド=トゥ=ヘッド
  8. TCW mini logo クローン・ウォーズデス・ウォッチの陰謀
  9. Encyclopedia-Logo Death Watch - エンサイクロペディア (バックアップ・リンク - Archive.org)
  10. TCW mini logo クローン・ウォーズ危険な追跡
  11. 11.0 11.1 11.2 11.3 スター・ウォーズ キャラクター事典 完全保存版
  12. 12.0 12.1 エイジ・オブ・リパブリック ジャンゴ・フェット
  13. 13.0 13.1 13.2 きみは、知っているか!? スター・ウォーズ はやわかりデータブック
  14. 14.0 14.1 スター・ウォーズ コンプリート・ロケーションズ
  15. StarWars-DatabankII Jango Fett - Biography gallery - 公式データバンク
  16. TCW mini logo クローン・ウォーズ危険な追跡
  17. 17.0 17.1 スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
  18. スター・ウォーズ ビジュアル・エンサイクロペディア
  19. スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。