Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

「ジャンドランド荒野は安易に旅してよい場所ではないぞ」
オビ=ワン・ケノービ[出典]

ジャンドランド荒野ジャンドランド荒地(Jundland Wastes)は砂漠惑星タトゥイーンの地名。ジャンドランド荒野の南端にはグレート・チョット塩類平原があった。ジャンドランド荒野で育つブラック・メロンタスケン・レイダーにとって貴重なミルクの補給源だった。

特徴

ジャンドランド荒野はや峡谷、洞窟からなる岩だらけの地域であり[2]砂漠惑星タトゥイーン北部デューン・シー西部デューン・シーのあいだに位置していた。[4] タスケン・レイダーの氏族が数多く住んでおり、気軽に旅できる場所ではなかった。[2] ジャンドランド荒野の西側にはフッバ・ハイツと呼ばれる峡谷地帯、北東にはグレート・メスラ高原、南端にはグレート・チョット塩類平原が存在した。また荒野にはアーンサウトビルダーズ・キャニオンなどの地名が点在し、ハット輸送船リムランナー>の墜落地点があった。[4] ジャンドランド荒野に点在する奇岩群は、この地に何千も住むタスケン・レイダーにとって重要な存在だった。なかでもタトゥイーン最大の天然橋であるビサゾシー・ブリッジはタスケンの聖域であり、この橋を通る前にブラスターを発射しなければ、部族に不幸が訪れると言われていた。[4]

歴史

アストロメク・ドロイドR2-D2の後を追ってオビ=ワン・ケノービへ向かった時、ルーク・スカイウォーカーC-3POはジャンドランド荒野でタスケン・レイダーの襲撃を受けた。

ジャンドランド荒野の地名

ビサゾシー・ブリッジ

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
Advertisement