Fandom


ジャー・クロトー(Jer Croteau)は銀河帝国の人物である。帝国時代最初期、クロトーはレベル1A1のアクセス権限を持っており、帝国行政ビルの最高レベルにアクセスすることができるエリート・メンバーの1人だった。19 BBYシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーは自身の命を狙う暗殺計画の黒幕を調査した際、レベル1A1のアクセス権を持つ人物のリストを要請し、そこにクロトーの名前が記載されていた。[1]

制作の舞台裏

Level 1A1 list

ヴェイダーのヘルメットに表示されたリスト

ジャー・クロトーは2018年に発売されたコミック『スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 潰えた遺産』(チャールズ・ソウル作、ジュゼッペ・カムンコリ画)で言及される名前である。ダース・ヴェイダーのヘルメットの視界に表示されるリストに、オーラベッシュのアルファベットでクロトーの名が記載されている。

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。