Fandom


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
「おかげで死にかけたぞ。脳ナシか?」
クワイ=ガン・ジン[出典]

ジャー・ジャー・ビンクス[1](Jar Jar Binks)は、グンガンではじめて銀河元老院の代表者となった男性である。はじめはパドメ・アミダラ元老院議員のもとで下級代議員として仕え、アミダラの死後に彼自身が完全な議員となった。ほとんどのグンガンと同様、ジャー・ジャーは細身の長身で、ベーシックを独特のアクセントを用いて話した。生まれつき不器用だったにもかかわらず、ジャー・ジャー・ビンクスは銀河共和国の究極的運命に対して、良い意味でも悪い意味でもとても大きな貢献を果たしていた。彼は民族の将軍であり、惑星代表であり、元老院議員である。

ナブーの侵略のさい、ジャー・ジャーはジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンに付き従い、遠く離れたタトゥイーンコルサントなどの惑星へと旅をした。これはほとんどのグンガンがしたことのない経験だった。惑星ナブーに戻ったビンクスは、短い間グンガン・グランド・アーミー将軍となり、タブラー・シール将軍と共に大草原の戦いを指揮した。のちにビンクスはナブーの衛星オーマ=ダンでグンガンの植民の手助けをする。下級代議員として勤めていたとき、彼はアミダラの代理人として、分離主義危機に対応するため最高議長パルパティーンに非常時大権を与える動議を出した。アミダラの死後、ビンクスは彼女の代わりに元老院議員となり、故郷への奉仕を続けた。

経歴

生い立ち

Young Jar Jar

幼いジャー・ジャーとその父ジョージ

ジョージ・R・ビンクスとその妻の子供として、ジャー・ジャー・ビンクスは惑星ナブーオータ・グンガに生まれ、祖先の代から数百年間続く、偉大な捕鯨者になるという伝統のもとに育てられた。しかし、ジャー・ジャーはその不器用さと不適当さのせいで、父親が彼に望むものになることが出来なかった。一度、ナブーの最南端の海へとクジラを捕まえるために出かけた時、ジョージは息子に車輪を安定した状態に保つように命じたが、ジャー・ジャーはそのままにしておいてしまった。このため彼らの乗る船はクジラと衝突してしまい、海の底へと沈没してしまう。

その1か月後、ジョージとその妻、そしてジャー・ジャーの3人は無人島に足止めされていた。ジョージは一体何ができたのかと嘆き、息子を愚か者と呼んで自殺しようとした。ジャー・ジャーは助けを呼ぶために自分が泳ぐと提案するが、それが可能だとするならば50年かかる仕事であり、ジョージはまず息子を馬鹿と呼んだ。ジョージは1日のうちに食べられてしまうだろうというが、しばらく沈黙すると、それもいい考えかもしれないと語った。ジョージの妻が夫を非難し、息子を飛び込ませるのをやめさせようとした時、ジャー・ジャーはまさに水に飛び込もうとしていた。その後、ジョージとその妻の身に何が起こったかは定かではないが、ジャー・ジャーはオータ・グンガへの帰り道を発見する。

オータ・グンガでの生活

「不器用だから追放されたのか?」
オビ=ワン・ケノービ[出典]
Jarjarport

ジャー・ジャー・ビンクス

ジャー・ジャーの種族グンガンは、義務と正義、慣習と儀式を重んじ、個人の利より社会の利を優先させるべきとの風潮を持つ、誇り高き種族である。

怠け者で夢見がちな子供だったジャー・ジャーは、基礎教育を受ける学校ではいつも居眠りをし、まともに授業を受けている姿を目にした者はいないといった有様だった。それだけならまだいいが、物をどう使うかとかよりも、どのように動くのかとかに興味を持ち、そのせいで学校の機械や備品をたくさん壊した。グンガン社会は厳しい。しかし、そんな社会にジャー・ジャーが長くいられたのは、次のような理由による。一つは、適材適所に配置すれば誰もが社会の役に立てるとグンガンが信じていたこと。もう一つは、ジャー・ジャーに会ったことがある者ならば決して害意を持って行動しているわけではないことがわかるからだ。気立てが良く、いつも人を喜ばせたがっているが、その時の気分と好奇心に従い、どんなことでも元気な笑顔とのんきな態度で乗り越えられるとジャー・ジャーは思っていた。グンガンの役人達は、出来る限り若いジャージャーを助けようとした。あいにくにも、トラブルメーカーのジャー・ジャーが受け入れられるにはかなりの理解を必要とした。子供の時は馬鹿なことをしても、落ち着きがないだけと片付けてもらえた。成長しても相変わらず数々の問題を引き起こし、周囲の人々をうんざりとさせていたが、それも若さによるエネルギーと意気込みのせいだと寛大に見てもらえた。後に、ついにグンガン社会追放の憂き目に遭うことになるが、誰がどう見てもジャー・ジャーに非があり、グンガン社会も、よくそれまで我慢したと関心こそすれ、非難されることは決してないであろう。 オータ・グンガのすべての学校から追い払われ、両親に手引きを求めることもできなかったジャー・ジャーは、若年期を通してさまざまな仕事を渡り歩くことになった。ジャー・ジャーはその不器用さのために、必然的に、日暮れまでに仕事を首になってしまうのである。かつて、ジャー・ジャーが通りの隅でシャダーラップのミュージシャンとして働いていた時、ある通行人が音楽を止めさせるためにお金を払った。このとき、ジャー・ジャーは地元の犯罪者ルース・ターパルスに発見される。

ターパルスは若者の泥棒団のリーダーだった。ジャー・ジャーは、ターパルスとそのギャングたちがいろいろな詐欺を働く間、セキュリティ・パトロールの気をそらす仕事を与えられた。他の泥棒たちとは違い、ターパルスはジャー・ジャーを重要なチーム・メンバーでかつ友人のように扱った。この友情は、ターパルスがグンガン・グランド・アーミーに入隊した時終わってしまう。泥棒団は解散、ジャー・ジャーは再び人生の居場所を探し始めることになる。幸いにも、オータ・グンガの統治者ルーガー・ナスが、ジャー・ジャーの両親への敬意と、新しく大佐となったターパルスの頼みから、新しい仕事を世話してくれた。しかしジャー・ジャーがオータ・グンガ市営動物園の動物を全てを解放してしまうという事故をおこしてしまい、ナスはクアリー流刑コロニーで6か月間重労働をするよう宣告した。

Jar Jar banished

ジャー・ジャーを罰するボス・ナス

ジャー・ジャーが制御不可能になったボンゴで溺れそうになっているナスを救ったため、このオータ・グンガの指導者は刑罰を軽くすることにした。ジャー・ジャーはまた、ナスの姪ファッサ少佐の命も救った。ファッサはジャー・ジャーに、命の借りを負おうと申し出た。ジャー・ジャーは彼女の献身にまごついたが、ロマンスの可能性に興奮する。ボス・ナスが専門的事項によって命の借りを取り消しにしたとき、ジャー・ジャーは失望すると同時に安心もしたのだった。

のちに、ボス・ナスの大邸宅でぜいたくなパーティを催した時、ジャー・ジャーにキッチンの仕事を与えられた。しかし、ジャー・ジャーはガスのオーブンを破壊し、その爆発は邸宅のバブルを壊してパーティににまで及んだ。ジャー・ジャーはボス・ナスの豪華なヘイブリバーを救おうとしたが、結局それを衝突させてしまった。ボス・ナスは憤慨し、今まで自分は十分に忍耐したと内相したが、堪忍袋の緒が切れた。グンガン最高評議会裁きの部屋において、ボス・ナスは仲間とともに、ノコンバッキー法を実施し、ジャー・ジャーがオータ・グンガに戻ってきたら死の痛みを与えることを宣言し、を追放に処した。ジャー・ジャーはオータ・グンガに隠れようとしたが、シェフ・ブラス・マーシューのレストランで残飯をあさっているところを、ターパルス大佐によって発見されてしまった。ターパルスは彼を捕まえて地表へ連れて行こうとしたが、マーシューと数人の凶悪犯によって待ち伏せされた。ターパルスは乱闘中にノックアウトされるが、ジャー・ジャーに救われた。ジャー・ジャーはターパルスに温情処置を嘆願するが、聞き入れられず。ターパルスはジャー・ジャーを追放するリアノーム沼まで付き添った。

ナブーの封鎖

ジェダイとの出会い

「おかげで死にかけたぞ。脳ナシか?」
「ミー喋れるよ」
「喋れるからといって利口とは限らない。とっとと失せろ」
クワイ=ガン・ジンとジャー・ジャー・ビンクス[出典]
Jarjarmeetsjedi

ジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンとその弟子オビ=ワン・ケノービとの出会い

32 BBYのある日、ビンクスは食べ物を探しに出かけていたところ、OOM-9の率いるトレード・フェデレーションの侵略軍に遭遇した。ビンクスはパニックに陥るが、フェデレーションとナブーの間の危機を解決するために派遣されていたジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンが偶然その場に表れ、MTTに轢き殺されそうになっていたビンクスの命を救った。ビンクスはグンガンの追放者であるにも関わらず、グンガンの命の借りの原則を守り、このジェダイに付き従うことにした(ジンはこれに対し不快な態度をあらわにしていた)。ジンと彼のパダワンオビ=ワン・ケノービは、首都シードにいるナブーのクイーンアミダラと対面する必要があったが、その手段がなかった。ビンクスはふたりに、自分の故郷オータ・グンガに行けばよいと提案するが、自分が追放された身であることを思い出し、即座にその提案を取り消した。ふたりのジェダイはビンクスにそこへ連れて行くよう、半ば脅迫気味に説得する。

Jar Jar Binks-ST

連行されたジャー・ジャー

ジェダイを連れてオータ・グンガに到着したビンクスは、旧友のターパルスに逮捕され、ボス・ナスの前へと連れて行かれた。ジェダイはナスと交渉を行い、シードへ向かうための乗り物を得る。その後、ナスはビンクスに死刑を宣告するが、ジンが間に入り、ビンクスが彼に命を救われたことに言及し、グンガンの命の借りのシステムによって死刑を取り消しにしてもらった。ビンクスはジェダイに付いていくという事実にあわてるが、オータ・グンガに居るよりは生き残るチャンスがあるのではないかと考え付いた。

ボンゴに乗ってシードに乗ってフェデレーションが支配するシードに到着すると、ビンクスはジェダイがクイーンを救出するのを見守った。ジンは銀河元老院にナブーの窮状を訴えるため、銀河系の首都惑星コルサントへ行くようクイーンを説得する。この結果、ビンクスは彼らに同行し、はじめてナブーを離れることになった。クイーンの宇宙船はフェデレーションの封鎖を突破したものの、軽い損傷を負い、ハイパードライブの能力を失っていた。そのため、トレード・フェデレーションの力が及ばない領域の中で、残っていた動力で行くことが出来たのは、惑星タトゥイーンだけだった。

ナブーを離れる

「ミーのお肌紫外線に弱いの」
―ジャー・ジャー・ビンクス[出典]
Jarseb

セブルバとの遭遇

惑星タトゥイーンに到着すると、ジンとビンクス、アミダラ(彼女は侍女の姿に扮していた)、R2-D2は宇宙船の新しいパーツを手に入れるため、モス・エスパの街へと赴いた。彼らはトイダリアンワトーに入り、必要なパーツを求めた。しかし、タトゥイーンのような辺境の惑星では共和国クレジットが流通しておらず、彼らに部品を購入する方法はなかった。ワトーの店で、彼らは奴隷の少年、アナキン・スカイウォーカーと出会う。店を出た後、ビンクスは悪漢のセブルバといざこざを起こす。セブルバはビンクスを恫喝するが、ちょうど良いタイミングでスカイウォーカーが表れ、彼を救った。スカイウォーカーは砂嵐に見舞われた彼らに、自分の家に来てはどうかと誘った。スカイウォーカーの家で、彼らはこの少年にポッドレースの才能があることを知った。スカイウォーカーは、ジンとアミダラがハイパードライブ購入の資金を得るために、レースで彼の勝利に賭ければよいと提案する。

ビンクスは進んでアナキンのポッドレーサーのメンテナンスの手伝いを申し出た。ビンクスの援助が必要だったかどうかはともかく、スカイウォーカーはこの申し出に感謝した。ブーンタ・イヴ・クラシック・レースの当日までビンクスはメンテナンスを手伝い、レーサーの家族や友人のための特別プラットフォームからレースを観戦した。スカイウォーカーが勝利した時、ビンクスは(タトゥイーンの劣悪な環境を離れることが出来るという理由が大部分だったが)とても感動していた。

タトゥイーンに圧倒されていたビンクスだが、今度はコルサントへ赴くことになった。このエキュメノポリスにおいて、ビンクスの立つ瀬はどこにもなく、政治的な出来事が進む中、わきに退いていた。彼はパルパティーン元老院議員500リパブリカのアパートに滞在し、故郷へと帰る機会をただ願っていた。そのチャンスは。アミダラが元老院の手助けを拒否して自ら問題解決に乗り出す決心をした時、到来する。アミダラはビンクスの口から聞いたグンガン・グランド・アーミーの話を根拠に計画を立て、フェデレーションに戦いを挑む決心をしていた。

グンガンの将軍

「ユーをグンガンの将軍に任命する」
「将軍!?」
―ボス・ナスとジャー・ジャー・ビンクス[出典]
Jarjarandkaadu

カドゥに乗るジャー・ジャー将軍

ナブーに戻ったジャー・ジャーは、オータ・グンガのグンガンが戦いによって全員避難したことを知った。彼らがグンガンの聖地に逃げることを知っていたビンクスは、クイーンたちをそこへ案内する。ナスと対面したアミダラは、このグンガンのボスと同盟を結び、長年のナブーの民とグンガンの間の激しい憎悪と隔絶に終止符を打ち、彼らをひとつにした。ナスはこの新しい同盟にとても満足し、それをビンクスの手柄だと考えた(ビンクス自身はその考えに戸惑っていた)。その「報酬」として、ナスはビンクスをグンガン・グランド・アーミーの指揮官に任命し、ボンバッド将軍の階級を与えた。ビンクスはあまりのショックに卒倒してしまう。ジャー・ジャーの昇格の直後、アミダラは作戦を明かした。グンガン・グランド・アーミーがOOM-9のドロイド軍をシードからおびき出して首都の防衛力を弱め、アミダラの部下とジェダイでシード・ハンガーを解放し、パイロットスターファイターに乗ってドロイド司令船破壊のため出撃できるようにする。司令船を破壊すれば、ナブーのフェデレーション・ドロイド軍団の全ての機能が停止する見込みだった。そしてアミダラの特別部隊がシード宮殿に潜入し、トレード・フェデレーション・ヴァイスロイヌート・ガンレイを捕まえるという内容だった。

Generaljarjar

ジャー・ジャー・ビンクス将軍

ジャー・ジャーは大草原へとグランド・アーミーを率い、タブラー・シール将軍の命令でOOM-9の軍がやってくるのを待った。作戦通り、バトル・ドロイドの司令官はグンガンを攻撃しにやって来た。彼らは機械の軍勢に対して堅固な防衛を展開するが、圧倒的な数の前に、シール将軍は撤退を余儀なくされた。退却の混乱の中、ジャー・ジャーは図らずともエネルギー・ボールを使ってB1バトル・ドロイド数体と装甲攻撃戦車を倒すことに成功し、フェデレーションの前進を一時足止めしてグンガンの兵士数人が逃げる時間を稼いだ。しかし、ビンクスと旧友のターパルスドロイドに捕えられてしまう。しかし間もなく、タトゥイーンから彼らに同行していた若きアナキン・スカイウォーカーがドロイド司令船を破壊し、ドロイドの機能を停止させた。グンガンたちは勝利を喜び、機能を停止したドロイドたちを押し倒した。

だが彼らの勝利には大きな犠牲が伴った。ビンクスの命の恩人でかつ友人のクワイ=ガンはシス卿ダース・モールとの戦いで命を落とし、大草原でも多数のグンガンが殺されていた。ただし、彼らの死は無駄にはならなかった。アミダラは作戦を成功させ、ナブーを奪回する。ビンクスはのちに開かれた祝賀会に参加して、新しい平和の時代の到来に期待をはせた。

ナブーの危機が解決した後、ジャー・ジャー・ビンクスは惑星の平和の回復に携わった。ある未熟なジェダイの若者の助けを借りて、ビンクス将軍はまだ活動を続けていた最後のバトル・ドロイドを倒すため、神聖な森で罠を仕掛けた。また、ジャー・ジャーはナブーに存在するふたつの文化の和解のカギを握るプレーヤーとして、勝利のレースに参加した。ビンクスはレースでカドゥに乗り、彼の友人、クイーン・アミダラはタスク・キャットに乗った。

23 BBY、ジャー・ジャーは“イン・ザ・ポリティカル・ピット”という番組に、ナブーの準惑星代表として登場した。

クローン戦争

「分離主義者たちがひそかにトレード・フェデレーションと協定を結んだと判りました。元老院議員並びに代議員諸氏、共和国が直面する未曽有の危機に対し、元老院は最高議長に非常時大権を与えるべきであると考え、ここに動議を提出します」
―ジャー・ジャー・ビンクス代議員[出典]
Jarjarsenate

元老院におけるジャー・ジャー

ナブーの戦いの後、ナブーの民とグンガンの間の新しい同盟関係によって、銀河元老院でナブーの元老院議員をサポートするグンガンの代議員が活動することになった。

22 BBYクローン戦争が勃発する前から、ジャー・ジャー・ビンクスは新しく議員となったアミダラのもとで働いていた。

連続して起こった暗殺未遂事件により、アミダラ議員が故郷に戻って隠れなければならなくなった時、ビンクス代議員は彼女の代わりに元老院に立った。しかし、アミダラの不在により、ビンクスは経験豊かな政治家によってたやすく操られてしまった。ビンクスが無垢な人物であるのをいいことに、政治家たちは、アミダラ議員ならば共和国のために軍隊を創設しただろうと、ジャー・ジャーに嘘を吹き込んだ。実際は、アミダラは軍隊創設法反対のために奮闘していたのである。彼女の代理を務めることが自分の義務だと考えたジャー・ジャーは、最高議長パルパティーン共和国グランド・アーミーを設立できるよう、元老院で彼に非常時大権を与えるよう動議を提出した。動議は可決され、間もなくジオノーシス戦いと、クローン戦争が勃発する。

ローディアの交渉

「たぶんジャー・ジャーは死んだわ」
「またですか!かわいそうに災難続きの人でした」
―ジャー・ジャーが死んだと誤解したパドメとC-3PO[出典]
Jar Jar BombadJedi

ローディアにおけるジャー・ジャー

任務のためにコルサントを離れる準備をしていた時、セネト・ガードに追われていた詐欺師のダニル・フェイトーニアチク・メド=ベクが、逃亡に使うためジャー・ジャーとC-3POの乗るアミダラのスキッフを奪おうとした。しかし、ジャー・ジャーがうっかりプラットフォームの重力を切り替えてしまった後、3POはオートパイロット機能を解除するのを忘れていたため、ふたりの詐欺師は知らず知らずのうちに元老院へと送り返されることになった。パドメが到着すると、彼らは任務のためヨットローディアへ向かった。

ローディアに到着すると、アミダラは旧友のオナコンダ・ファー元老院議員に会いに行った。アミダラがローディアの共和国との提携に関して話し合う中、ジャー・ジャーはジャングルの住人と親交を深めようと試みたが、C-3POに果物が投げつけられる、という結果に終わった。一方のアミダラは、ナブーの侵略の頃から彼女に悪意を抱くヌート・ガンレイによってとらえられてしまった。ガンレイはアミダラを捕まえられれば、ファーを援助すると約束していたのだ。B1バトル・ドロイドとクラブ・ドロイドがジャー・ジャーと3POを攻撃したため、彼らはパドメが窮地に立たされていることを知る。だがジャー・ジャーは、反撃の際に彼らのヨットを壊してしまった。共和国への通信手段を失った状態で、ふたりはパドメを救出しなくてはならなくなった。

アナキン・スカイウォーカーのジェダイの外套を見つけたジャー・ジャーは、それを着たためバトル・ドロイドにジェダイと間違えられた。足元の格子から沼に落ちたジャー・ジャーを見た3POは、彼が死んだと誤認し、それをパドメに知らせた。しかしジャー・ジャーは生きており、クワゼル・モーの追跡を逃れ、パドメがすでに脱出していると知らずに、彼女を助けようとした。パドメはジャー・ジャーを目撃するが、彼は再び水中に落下してしまった。このとき、「ジェダイ」を殺すためにB2スーパー・バトル・ドロイドサーマル・デトネーターを起動した。ジャー・ジャーは再度クワゼル・モーと出くわすが、この生き物に命を救われ、「ブーギー」という名を付け親しくなった。一方、3POは共和国に連絡を取ったが、短いメッセージを送った後捕まってしまった。ファー議員が見守る中、3POとパドメはガンレイとドロイデカによって追いつめられる。ジャー・ジャーはそこにタイミングよく登場し、ブーギーがドロイドを攻撃した。パドメはガンレイを追いつめ、ファーは共和国に忠誠を誓うと宣言をした。コマンダーグリーが3POの通信を受け取っていたため、その後ヴェネター級スター・デストロイヤーが到着し、ガンレイは連れられて行った。

アナキンは妻がトラブルに巻き込まれていたと知った後、パダワンアソーカ・タノに、マスター・ルミナーラ・アンドゥリとともにガンレイを護送するよう命じた。しかし、クルーザー内での短い戦闘の後、ガンレイはアサージ・ヴェントレスとセネト・ガードのキャプテンファロ・アーガイアスによって救出されてしまう。

共和国の没落

Mourning for Padme

アミダラの葬儀におけるジャー・ジャー

ジャー・ジャー・ビンクスは、軍隊創設法への投票の時ほど大きなことはひとつも成し遂げなかったものの、クローン戦争中ずっとナブーの元老院議員として、グンガンを代表し続けていた。ジャー・ジャーは、銀河系の歴史上もっとも血なまぐさい戦争を引き起こすことになった「非常時大権」のときの失敗から学び、口を閉じることを学んだようであった。同僚でかつ友人のパドメ・アミダラが死んだとき、ジャー・ジャーはナブーで行われた彼女の葬儀の参列者の列に、ボス・ナスとともに加わった。その後、彼はアミダラの政治的地位を引き継ぎ、帝国元老院コメル宙域を代表することになった。

銀河帝国

ニュー・オーダーが施行された後、ビンクスは新しい銀河皇帝の仲間のひとりとみなされていた。クローン戦争直後の帝国ホロヴィジョンのレポートには、皇帝が個人的にビンクス議員をどこか詳細不明の場所に派遣したと記録されていた。

銀河大戦終結

ジャー・ジャーは6.5 ABYにまだ存命であり、新共和国の兵士たちが銀河帝国から惑星コルサントを奪回したときそこに居合わせた。決して解放戦線には関与しなかったものの、ジャー・ジャーは一部の活動に比較的近い位置にいた。

個性と特徴

JarJar masher

不器用なジャー・ジャー

C-3PO: 「船は破壊されました」
パドメ: 「バトル・ドロイドに?」
C-3PO: 「いえ…」
パドメ: 「ジャー・ジャー?」
C-3PO: 「ジャー・ジャーです」
―ジャー・ジャーが宇宙船を破壊してしまった後の、C-3POパドメの会話[出典]

ジャー・ジャーは同胞のグンガンたちの中でも大変不器用であり、そのためにオータ・グンガを追放されることになってしまった。彼は長い舌を突き出すことで、嫌悪感を表明することがしばしばあった。ほかのグンガンと同様、彼は独特な訛りのあるベーシックを喋ったため、時には相手になかなか理解してもらえないこともあった。

彼は上の立場の人物に対して若干無礼なところがあったが、命令には従っていた。彼は社会的に活発であり、周囲の知覚種族とかかわりを持とうと努め、新しい友人を作っていた。彼はアナキン・スカイウォーカーのポッドのメンテナンスを行っていたため、ある程度は機械を扱うことが出来たようである。外交者として、彼は32 BBYにグンガンとナブーの民を結びつける手伝いをした。そのため、彼は将軍に昇進することになる。彼はグンガンの軍隊を率いてバトル・ドロイドと戦い、偶然ではあったものの、多数の敵を破壊した。クローン戦争中のほかの冒険において、ジャー・ジャーは不器用で臆病であるにも拘わらず、知性と物事に即座に対応する才能を示した。これはいくつかの外交や特別戦闘任務で、共和国が勝利をつかむ原因となった。

政治家として、彼は数年間、グンガンの良き代表者だった。しかし元老院議員の役割を引き受けた時、彼自身はそのことを理解していなかったが、彼はパルパティーンの仲間によってたやすく操作されていた。しかし、彼の友人に対する献身的な行為によって、外交あるいは戦闘任務のどちらにおいても、彼は相手にとっての信頼のおける同僚、盟友になったのだった。

登場エピソード

非正史作品での登場

LEGO-Gungans

レゴ スター・ウォーズに登場したジャー・ジャー(左)

  • "George R. Binks"—Star Wars Tales 20 正史設定が曖昧)
  • "Force Fiction"—Star Wars Tales 7

参考資料

脚注

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。