Wookieepedia
Advertisement
類似した名称の記事はジュン(曖昧さ回避)を参照

ジュン・ゴビント(Junn Gobint)はレジスタンスに仕えていた巣離れ後の男性ミスロルである。ファースト・オーダーとの戦争の終盤、彼は衛星エイジャン・クロスレジスタンス基地に配属され、スターファイターの消耗品の補給管理を担当していた。また彼はアマチュアの化学者であり、燃料を長持ちさせるための新しい添加物を調合し、代替燃料の実験なども行っていた。

35 ABYポー・ダメロン将軍フィン将軍が仲間のレイから通信を受け取り、未知領域惑星エクセゴルへ至る道筋が判明した時、ゴビントも彼らのそばに居合わせた。エイジャン・クロス基地のメンバーはすぐに出撃準備を開始し、その後レジスタンスはエクセゴルの戦いシス・エターナルの脅威に終止符を打った。

経歴

ミスロル男性、ジュン・ゴビントは巣立ち後にレジスタンスの支援要員として働いた。レジスタンスとファースト・オーダー戦争の終盤、彼はジャングル衛星エイジャン・クロスにあるレジスタンス基地に配属されていた。彼はこの基地でレジスタンス・スターファイター隊が保有する戦闘機燃料など、消耗品の補給管理を任されていた。また彼は燃料を長持ちさせるために新しい添加物を調合し、代替品となるパワー・ソースの実験も行っていた。[1]

35 ABYYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>が惑星キジーミからエイジャン・クロスへ戻ってきた直後、ゴビントは基地に居合わせた。ポー・ダメロン将軍フィン将軍、技術者ローズ・ティコドロイドD-Oからデータを取り出そうとしていた時、ゴビントは燃料供給ホースを運んでいた。またC-3POR2-D2が割って入った際、ゴビントは騒ぎを聞きつけた仲間たちの群衆に加わった。R2-D2がジェダイ・マスタールーク・スカイウォーカーの古いXウイング・スターファイターから通信を受け取ったことを明かした後、ゴビントたちが見守る中、フィンはこの通信を解析し、仲間のレイ未知領域惑星エクセゴルへの道筋を示してくれていることを突き止めた。レジスタンスはこの情報をもとにエクセゴルへ出撃し、シス・エターナルに対して大勝利を挙げた。[2]

人物

ジュン・ゴビントはい肌のミスロルで、顔に赤い模様が入っていた。ゴビントはアマチュアの化学者であり、コアクシウムの箱ひとつひとつ、液体金属リッピニウムの1ミリリットルまで慎重に一覧表にし、任務の割り当て以上に燃料を入れようとするレジスタンス・パイロットを厳しく非難した。[1]

装備

彼は黄土色のジャンブスーツと黄色のブーツグローブ、白いベルトを身に着けていた。また彼はスリーブが強化されたフィルター・ポートつきの燃料供給ホースをレジスタンス基地で扱っていた。[1]

制作の舞台裏

ジュン・ゴビントは2019年公開のシークエル・トリロジー最終作『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』で初登場を果たした。[2] 演者はコメディアンのジェフ・ガーリン。ガーリンはJ・J・エイブラムス監督の友人であり、登場場面の撮影はロンドンで行われ、メイクアップには4時間を要した。[3] またキャラクター名は設定資料集『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション』(パブロ・ヒダルゴ著)で初めて判明した。[1]

登場作品

参考資料

脚注

Advertisement