Fandom


ジョバー・タヴソン(Jober Tavson)は人間男性で、ファースト・オーダー最高指導者カイロ・レンユプシロン級コマンド・シャトルを操縦したパイロットである。階級は中尉

経歴

First Order Walkers

タヴソンが操縦するシャトル

人間男性、ジョバー・タヴソン中尉ファースト・オーダーに仕え、カイロ・レンユプシロン級コマンド・シャトルパイロットを務めていた。[2] 34 ABY、レンがファースト・オーダーの新しい最高指導者となった直後、タヴソンは彼を乗せたコマンド・シャトルを操縦して惑星クレイト大気圏に降下し、地上部隊の上で空中停止させた。レンは操縦席に座るタヴソンの後ろに立ち、クレイト前哨基地に立てこもるレジスタンスとの戦いを指揮した。ジェダイ・マスタールーク・スカイウォーカーが基地の前に姿を現すと、レンはファースト・オーダー軍に集中攻撃を命じたが、彼を倒すことはできなかった。レンが自らの手でジェダイを倒すため着陸を命じた際、そばにいたアーミテイジ・ハックス将軍は反対意見を唱えたためフォースで壁に叩きつけられ、タヴソンおとなしく命令を実行に移した。その後、ルークはフォースの幻影だったことが明らかになり、ファースト・オーダーはレジスタンスの生存者を取り逃がしてしまった。[1]

個性と特徴

ジョバー・タヴソンは白人種の人間男性で、ファースト・オーダーの黒い軍服グローブブーツを着用していた。また彼はコマンド・シャトルを操縦する際に輸送部隊用のフライト・ヘルメットをかぶっていた。[2]

制作の舞台裏

ジョバー・タヴソンは2017年12月15日公開の映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』に登場するキャラクターである。キャラクターの名称は映画公開と同日発売の設定資料集『スター・ウォーズ 最後のジェダイ ビジュアル・ディクショナリー』で初めて明かされた。俳優はマイケル・ジブソン

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。