FANDOM


「よし! 任務ができた。しかも、ただの任務じゃない。極秘任務だ」
―ジョフ・シーストライカー[出典]

ジョフ・シーストライカー(Joph Seastriker)は惑星ガタレンタ出身の人間男性で、新共和国レジスタンスに仕えたスターファイターパイロットである。ジョフは穏やかさと静けさで有名なガタレンタの風土に退屈し、冒険を求めて新共和国軍に志願した。24 ABY、ジョフは新共和国のアカデミーに入学し、28 ABYに卒業、すぐにプレシジョン・エア・チームに配属された。この年、ジョフはチームの仲間とともにXウイング・スターファイターに乗り込み、ホズニアン・プライムで開かれたベイル・オーガナ像の完成を祝う式典でアクロバット飛行を披露した。

式典の直後、ジョフはバスタサへ向かうレイア・オーガナランソム・カスタルフォ元老院議員のエスコート任務を仰せつかった。彼はこの任務でレイアの補佐官兼パイロットのグリーア・ソネルと知り合う。バスタサの任務で犯罪カルテルから両議員の命を救った後、ジョフとグリーアは2人で惑星パマースへ出向いた。彼らは運び屋のふりをして極秘のスパイ行為を行い、惑星ダクサムIVアマクシン戦士団を結ぶ手がかりを掴む。その後ランソムとグリーアはダクサムIVへ、ジョフはレイアやコー・セラとともに<ミラーブライト>でライロスへ赴き、それぞれ調査を進めた。ジョフはC-3POに命じてライロスの人工衛星をハッキングし、犯罪カルテルが利用していたスパイ網にアクセスすることに成功した。ジョフはレイアから独断行動をたしなめられたが、結果的にカルテルの拠点がサイベンスコにあることが判明した。

ナプキン爆破事件の後、ジョフとグリーアはクローム・シタデルでサイベンスコでの荷物運びを請け負い、カルテルの拠点に潜入するための理由を作った。その直後、レイアはシス卿ダース・ヴェイダーの娘であることを銀河元老院で告発され、政治家としての信用を失ってしまった。しかしジョフとグリーアはレイアを信頼し続け、3人でサイベンスコの任務に発った。運び屋に扮したジョフとグリーアがサーマル・デトネーターの積み荷を運び出す間、レイアはアマクシンの情報を入手し、カルテルのリーダーであるリンリヴィン・ダイと対決した。任務の結果アマクシンはサイベンスコの基地とともに滅び、一行は戦士団の活動に関する証拠を手に新共和国へ帰還した。アマクシン戦士団の危機は終結したものの、一連の事件の背景に潜む脅威に気づいていたレイアは議員を辞職してレジスタンスを組織した。ジョフもレイアと志を同じくする者たちに加わり、ファースト・オーダーとの戦いに身を投じることになった。

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。