Fandom


「これまでに起こったことを当ててやろう。おまえの上司はもうほとんどいない。デス・スターと運命を共にしたか、その後の戦いで命を落とした。政府に主義を転向させられた者もいるだろう。つまり、今の将校たちはおまえのような若くて未完成の連中か、穴埋めに再び駆り出された年寄りだけだ」
―帝国の若い砲術将校に対し、ジョム・バレル[出典]

ジョム・バレル(Jom Barell)はジャンター出身の人間男性で、反乱同盟新共和国に仕えた兵士。銀河内戦中、新共和国軍特殊部隊の隊員として惑星ジオノーシスへ赴き、ドロイド工場を再開させようとしている帝国軍捜索した。エンドアの戦いの後、バレル上級曹長は5人の部下を率いて惑星アキヴァへの降下を試みたが、ターボレーザーの対空砲火で味方を全員失い、1人で任務を続行した。アキヴァの首都ミラで暴動が発生した時、バレルは銀河帝国ヨットゴールデン・ハープ>に致命的なダメージを与え、逃亡を図っていた要人の逮捕に貢献した。戦いが終わった後、バレルはノラテミン・ウェクスリー賞金稼ぎジャス・エマリ、元帝国軍忠誠将校シンジャー・ラス・ヴェラスらと共に帝国の戦犯捜索任務に乗り出した。[1]

制作の舞台裏

邦訳作品中で、ジョム・バレルの階級は曹長と訳されている。

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。