Fandom


ジョーガン・フルーツ(Jogan fruit)は銀河系各地で食べ物として消費されていた果物の一種である。紫色の球体に白い縞模様が入ったような見た目で、赤い房がついていた。ジョーガン・フルーツはコルサントからフェルーシアマリダンロザルまで幅広く普及しており、生で食すことができた。

また、この果物はジョーガン・フルーツ・ケーキに欠かすことのできない材料だった。

歴史

クローン戦争中、惑星コルサントアパートメントで晩餐会を主催したパドメ・アミダラ元老院議員は、アーング議員の大好物であるジョーガン・フルーツ・ケーキを作るため、プロトコル・ドロイドC-3POにジョーガンのお使いを命じた。

クランボアンドルーガンはコルサントの屋台でジョーガン・フルーツを売っていた。彼の売るジョーガンは、透明な円筒形の容器入りで販売されていた。

5 BBY反乱者ガラゼブ・オレリオスは、惑星ロザルキャピタル・シティ帝国軍ストームトルーパーからアグノート種族の果物商人を救った。彼はアグノートがお礼として差し出したクレジットを拒み、代わりにジョーガン・フルーツを1個受け取った。

登場エピソード

JoganFruits-EP

容器入りのジョーガン

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。