Fandom


「君から何かを得ることが至難の技であることは理解したよ。ジョードー中佐にストームトルーパー・アーマーを着せろ。惑星に降りてもらう。何かの役に立ってくれるかもしれんぞ」
ウィルハフ・ターキン[出典]

ジョードー(Jordo)は人間男性で、銀河帝国保安局に仕えた中佐である。インペリアルI級スター・デストロイヤーソヴリン>に配属されていた。18 BBYに行われたモン・カラ侵略において、ジョードーはモン・カラ王国の戦力を分析してモフウィルハフ・ターキン総督に報告する役目を担った。しかし帝国軍は情報不足が原因で何度も大規模な損害を被り、怒ったターキンはジョードーにストームトルーパー・アーマーを着せて戦場に送り込むよう部下に命じた。[1]

制作の舞台裏

ジョードーは2018年に発売された正史コミックスター・ウォーズ:シスの暗黒卿 燃える海原』(チャールズ・ソウル作、ジュゼッペ・カムンコリ画)で初登場を果たした。本作の翻訳版単行本は、シリーズ前編との合本で、2019年ヴィレッジブックスから『スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 潰えた遺産/燃える海原』というタイトルで発売された。作中で、ジョードーの髪が誤って黒く塗られている箇所がある。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。