Fandom


「“同じ鉱山で子どもを働かせるな”という古い諺どおりです。途方もない時間、資金、努力、そして人員を投じてあの巨大なバトル・ステーションを建設したのは、じつに愚かな行為でした」
デス・スターについて、ジリア・シェール[出典]

ジリア・シェール(Jylia Shale)は人間女性で、銀河帝国地上軍将軍である。エンドアの戦いの数カ月後、シェールはレイ・スローネ提督の呼びかけに応じて惑星アキヴァで開かれた緊急サミットに出席した。シェールはグランドモフヴァルコ・パンディオンユープ・タシュ顧問、銀行家アーシン・クラッサスたちを前に、帝国にはもはや銀河内戦に勝つ力は残されておらず、降伏しか道はないと主張した。間もなくシェールはアキヴァの反乱新共和国の捕虜になったが[2]、新政府に対して協力的な姿勢を示し、温かい待遇で迎えられた。5 ABY、シェールはセネト・ガードとして新共和国に潜り込んでいたガリアス・ラックス元帥エージェントウィンダム・トラデュシアに暗殺される。[1]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。