Fandom


この記事は住居を扱っています。お探しの記事はスカイウォーカー家かもしれません。

スカイウォーカーの住居(Skywalker home)はアナキン・スカイウォーカーが少年時代に母親のシミとともに暮らした家である。惑星タトゥイーン都市モス・エスパ奴隷地区と呼ばれる地域にあった。

トイダリアンジャンク商人ワトー奴隷として働いていたアナキンは、労働を終えて自宅にいる時間のほとんどを修理や発明に費やしていた。プロトコル・ドロイドC-3POもこの家のアナキンの自室で組み立てられた。32 BBY、アナキンはワトーの店を訪れたクワイ=ガン・ジンパドメ・アミダラジャー・ジャー・ビンクスR2-D2を自宅に招待した。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。