スカウト・トルーパー(Scout trooper)、別名バイカー・スカウト(Biker scout)は特殊な訓練を積んだ帝国地上軍ストームトルーパーである。狙撃の専門家だったスカウト・トルーパーは、偵察と潜入任務の訓練を受け、帝国軍の他のほとんどのトルーパーよりも独立性と適応力が高かった。彼らは機動力を重視していたため装甲の耐久力は低かった。彼らは任務でスピーダー・バイクを使用した。スカウト・トルーパーから選抜された精鋭部隊スナイパー・トルーパーは、E-11s長射程ブラスターを使う訓練を受けていた。

概要

スピーダーに乗るスカウト・トルーパー

銀河帝国に仕えるスカウトトルーパーは他のストームトルーパーに比べて軽装甲であり、より幅広い環境で素早く容易に動くことができた。彼らはまた、他のほとんどの帝国軍兵士よりも独立性と順応性を重視した訓練を受けていた。帝国はスカウト・トルーパーを偵察や潜入といった幅広い任務で使用した。[9] スカウト・トルーパーは帝国地上軍の特殊訓練を積んだエリート兵士であり、敵地への潜入および[3] 偵察、狙撃を専門としていた。彼らは戦闘において通常のストームトルーパーのために長距離の狙撃を担当した。[6] またスカウト・トルーパーの中でも選りすぐりのメンバーはスナイパー・トルーパーに任命された。[2]

スカウト・トルーパーは長期任務を遂行するように訓練を受けていた。彼らはさまざまな地域の調査や、敵の位置を突き止めることを目的とした偵察任務を受け持った。また敵地に潜入して破壊工作を行うこともあったが、直接戦闘に加わることは少なかった。彼らは、不穏な動きや怪しいものを見つけたらストームトルーパーを呼ぶように命じられていた。スカウト・トルーパーはパトロール任務に当たる際に、敵の潜入を警戒して2人から4人のチームを組んで行動した。[10] パトロール・ストームトルーパーはスカウト・トルーパーの都市版ともいえる存在であり[11]、未開の地で活動することが多いスカウト・トルーパーに代わり、都市部や産業地域で同様の任務にあたった。[12]

装備

歴史

登場エピソード

スカウト・トルーパーのヘルメット

参考資料

脚注

帝国軍
司令部 ダース・シディアス - ダース・ヴェイダー - 帝国軍最高司令部 - 統合本部
帝国地上軍 帝国地上軍長官 - ストームトルーパー兵団 - 第501軍団 - 第224帝国軍機甲師団 (スワンプ・トルーパー) - ブリザード・フォース - 帝国軍地上クルー - 帝国軍コンバット・ドライバーAT-ATパイロット - AT-STドライバー - タンク・ドライバー
帝国宇宙軍 帝国宇宙軍長官 - 艦隊司令部 - 帝国軍スターファイター隊 - TIEファイター・パイロット - 第7艦隊 - デス小艦隊 - 帝国宇宙軍トルーパーデス・スター・トルーパー) - 帝国軍兵器技術者
その他の組織 帝国情報部 - 帝国軍特殊部隊 - 帝国アカデミー - 帝国軍士官候補生 - 帝国軍衛生兵 - インフェルノ分隊
主なビークル AT-AT - AT-ACT - AT-DP - AT-DT - AT-ST - AT-MP - 614-AvA - 74-Z - TIE/D - TIE/ln - TIE/sa - TIE/sk - TIE/IN - TX-225 GAVw - アークワイテンズ級司令クルーザー - インペリアル級スター・デストロイヤー - エグゼクター級スター・ドレッドノート - クエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー - ゴザンティ級クルーザー - センチネル級着陸船 - ラムダ級T-4aシャトル - レイダー級コルベット - DS-1デス・スター - DS-2デス・スターII
ストームトルーパー インペリアル・ショック・トルーパー - サンドトルーパー - シャドウ・トルーパー - ジャンプトルーパー - ショアトルーパー - スカウト・トルーパー - スノートルーパー - デス・トルーパー - パトロール・ストームトルーパー - マグマ・トルーパー - ミンバン・ストームトルーパー - レンジ・トルーパー
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。