Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia
Blue-question-mark.png

この記事に関し、矛盾するふたつの正史設定が存在します:エコーの呼ぶ声スター・ウォーズ:ドクター・アフラ 立場逆転

現時点でルーカスフィルムから修正されたタイムラインは発表されていません。

「彼は、スカコ・マイナーには常にジェダイの友がいると言っております」
クイン・ヤザルの言葉を訳すテク[出典]

スカコ・マイナー(Skako Minor)、略称スカコは黄色いガスに覆われた惑星で、ポルテク種族母星である。銀河共和国時代、この惑星はテクノ・ユニオンによって支配されていた。彼らはパーコルを拠点とし、秘かに独立星系連合と手を組んでいた。クローン戦争の終盤、共和国グランド・アーミークローン・トルーパーエコー捕虜としてスカコ・マイナーに囚われている可能性を突き止め、テクノ・ユニオンが表向きは中立を主張しているにもかかわらず、パーコルに潜入した。クローン戦争終結後、スカコ・マイナーは銀河帝国によって占領された。

特徴

「スカコ・マイナーに接近中。着陸は難しそうです」
―テク[出典]

スカコ・マイナー

スカコ・マイナーは温暖な惑星で、地表には渓谷や洞窟、クレーター[3]、そして菌類といった地形が広がっていた。この森には、人間などの種族よりもはるかに背が高いキノコが群生していた。またこの惑星の大気には硫化水素が含まれていた。[2] スカコ・マイナーの濁ったガス状の大気圏では風が荒れ狂い、先が見通せない黄い霧の中で電気嵐が乱発した。スカコ・マイナーへ旅する宇宙船は到着するやいなや大気の乱れに揺さぶられ、予測不能な要素に苦しめられることになった。[3] またスカコ・マイナーにはキーラダックと呼ばれる飛行クリーチャーが生息していた。[5]

歴史

ある時、近隣の惑星スカコに起源を持つ実業家のスカコアンたちがスカコ・マイナーへやってきた。やがてスカコアンが実質的に星を支配するようになると、テクノ・ユニオン・コングロマリットの本部もスカコ・マイナーへ移された。[8] 分離主義危機の時代、テクノ・ユニオンの監督者であるエマーワット・タンバー独立星系連合に与し、指導者のドゥークー伯爵バトル・ドロイドを提供することを約束した。[9] しかしユニオンはクローン戦争が始まっても、公式には中立を主張し続けていた。

戦争中、テクノ・ユニオンは銀河共和国ARCトルーパーエコーをスカコ・マイナーの都市パーコルの施設に閉じ込め、彼をサイボーグに改造して、内から共和国の戦略アルゴリズムの情報を引き出した。19 BBYに発生したアナクセスの戦いのさなか、エコーがテクノ・ユニオンの囚人になっていることに気付いた共和国は、中立を主張するスカコ・マイナーへの侵入を決行した。[1] 彼らは無事にエコーを救い出すと、原住民パーコルと協力してテクノ・ユニオンのバトル・ドロイドを撃退し、アナクセスの戦場へ戻った。[7] 終戦後、テクノ・ユニオンは解体され[8]、スカコ・マイナーは新政府銀河帝国の支配下に入った。[2]

住民

Blue Glass Arrow.svg 詳細はポルテクを参照
「スカコのこの辺りに住んでいる地元民は1種だけ、ポルテクです。分かっているのは極めて原始的だということだけ」
「“原始的”どころか、情報によればポルテクは空飛ぶ爬虫類を崇めているそうです」
レックステク[出典]

スカコ・マイナーはポルテクと呼ばれる知覚種族の母星である。彼らの文明はクローン戦争当時も原始的な水準だった。ポルテクはキーラダックと呼ばれる飛行爬虫類を崇拝し、このクリーチャーを移動手段として用いていた。またテクノ・ユニオンを構成するスカコアンもスカコ・マイナーに居住していた。彼らはパーコルと呼ばれる都市に住んでいたが、ここでは与圧服呼吸マスクを付けて生活する必要があった。[1]

制作の舞台裏

スカコ・マイナーはTVシリーズ『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』のエピソード「不良分隊」4部作のために制作された惑星である。初登場作品は「不良分隊」4部作の2作目である『エコーの呼ぶ声』。本作は2015年に未完成の状態で公開され、2020年Disney+ で完成版が配信された。[1]

『クローン・ウォーズ』ではスカコ・マイナーが単に「スカコ」と呼ばれる場面があるが、2018年発売の設定資料『Fully Operational』によれば惑星スカコとスカコ・マイナーは別物とされており、『クローン・ウォーズ』で使われている呼び名は単なる略称と判断できる。しかしスカコとスカコ・マイナーは公式媒体でもしばしば混同され、『クローン・ウォーズ』とコミック『スター・ウォーズ:ドクター・アフラ 立場逆転』で描写の矛盾がみられる。

『クローン・ウォーズ』では、スカコアンがスカコ・マイナーで呼吸マスクを着用しており、他の種族のキャラクターはマスク無しで呼吸している。しかし逆に『ドクター・アフラ』では、スカコアンがスカコ・マイナーでマスクを着けず、他の種族が呼吸マスクを必要としている。『Fully Operational』によれば、スカコアンは母星スカコではマスク無しで呼吸できるとされており、『ドクター・アフラ』の描写はスカコ・マイナーというよりスカコに近い。また『エコーの呼ぶ声』のトリビア・ギャラリーではスカコ・マイナーが「スカコアンの故郷」と誤って紹介されている。

登場エピソード

参考資料

脚注

Advertisement