Fandom


Force kick2

ルーク・スカイウォーカーと戦うスキッフ・ガードたち

スキッフ・ガード(Skiff guard)は犯罪王ジャバ・ザ・ハットスキッフに乗り込む兵士の総称。ブラスターバイブロ=アックスで武装しており、主にクラトゥイニアンニクトウィークウェイ等の種族で構成された。スキッフ・ガードのウーフバンサIIカーゴ・スキッフセール・バージケタンナ>を操縦するパイロットも兼任していた。ウーフのほかにキサーバクラトゥバラーダといったスキッフ・ガードがジャバのために働いていた。

歴史

エンドアの戦いの直前、スキッフ・ガードは犯罪王の囚人であるジェダイ・ナイトルーク・スカイウォーカー、元密輸業者ハン・ソロウーキーチューバッカを肉食獣サルラックが棲息するカークーンの大穴へ運んだ。しかしスカイウォーカーはR2-D2からライトセーバーを受け取り、スキッフの上でジャバの兵士たちと死闘を演じた。大勢のスキッフ・ガードがスカイウォーカーのライトセーバーに倒れ、スキッフから落下してサルラックの餌食になった物もいた。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。