Fandom


スクラップジョー・モティト(Scrapjaw Motito)はエンドアの戦いの約30後に砂漠惑星ジャクーに住んでいた小柄なゴミ漁り。ある日、モティトはニーマ・アウトポストの洗浄台で回収物を洗っていたゴミ漁りの少女レイに近寄り、よそ見をしていた彼女にエイリアン言語で怒鳴りつけた。すると、すぐ近くにいた同業者ホーゲンズがそれを聞いてくぐもった笑い声をあげた。

制作の舞台裏

スクラップジョー・モティトは『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』に登場した。キャラクターの名前はルーカスフィルム ストーリー・グループのパブロ・ヒダルゴによってtwitter上で明かされた。

登場エピソード

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。