スクラムラット(Scrumrat)は惑星コレリアの犯罪集団ホワイト・ワームズレディプロキシマのために働かされていた幼い子どもたちの呼び名である。彼らはコロネット・シティの通りでホワイト・ワームズに拾われた孤児やゴミ漁りから成り、組織から食べ物とねぐらを与えられる代わりに、犯罪行為を強いられていた。スクラムラットの中でも有能な者は、害獣駆除人やスリといった低い地位から、プロキシマの使いっ走りや団員に昇格することができ、その中でもリーダー的存在の者にはプロキシマによって“ヘッド”の地位が与えられた。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。