Fandom


類似した名称の記事はスターバード(曖昧さ回避)を参照
Sabine Starbird

サビーヌ・レンが描くスターバード

「サビーヌ、この絵は君の作品だね? ビスのジャノイアが描く反体制絵画を思い起こす」
「分かるの? ジャノイアに触発されて描いたのよ」
「ああ。でも、飾り気のなさで君の方がよりインパクトがある」
ランド・カルリジアンサビーヌ・レン[出典]

スターバード(Starbird)は頭を右に向けながら翼を広げる伝説の鳥を模したシンボルマークである。マンダロリアンの武器専門家でグラフィティ・アーティストのサビーヌ・レンはスターバードを個人的なサインとして使っていた。

歴史

このシンボルマークのデザインは、古い伝説の鳥スターバードをモデルにしていた。伝説によるとスターバードは不死身の鳥で、死んだと思っても新星の核の中から新しく蘇った。

マンダロリアンの武器専門家で、グラフィティ・アーティストのサビーヌ・レンは、ビスジャノイアが描く反体制絵画に影響を受け、オリジナリティを加えたスターバードのデザインをつくり上げた。ジェダイケイナン・ジャラスが率いる反乱グループのメンバーとして活動していた頃、彼女は至る所にスターバードの紋章を描き残した。やがてスターバードは彼女のトレードマークになった。レンは帝国のプロパガンダ・ポスターにスターバードを上塗りすることもあった。

惑星ロザルの飛行場を襲撃した際、レンはTIE/ln制宙スターファイターのソーラー・パネルにスターバードを描き、その上にペイント爆弾を仕掛けた。爆弾はストームトルーパー数名を吹っ飛ばしたが、彼らのアーマーをインクまみれにしただけで終わった。[1] エズラ・ブリッジャーを救うためインペリアル級スター・デストロイヤーローブリンガー>に潜入した際、レンは格納庫の床にスターバードを描き、爆弾を仕掛けた。爆弾は格納庫に穴を開け、彼女たちが<ゴースト>で逃げるチャンスを作った。[2]

<ゴースト>は反乱活動中に<スターバード>という偽名を使うことがあった。[2]

制作の舞台裏

スター・ウォーズ 反乱者たち』の不死鳥のロゴマークは、ルーカスフィルムのコンセプト・アーティスト、クリス・グレンによってデザインされた。

登場エピソード

Vandalized Imperial Propaganda Poster

帝国軍のポスターの上に描かれたスターバード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。