類似した名称の記事はスターホーク(曖昧さ回避)を参照

スターホーク級バトルシップ(Starhawk-class battleship)[4]新共和国銀河内戦の終盤にナディリ造船所で製造したバトルシップの艦種である。[5] 銀河帝国スター・デストロイヤーに対抗しうる新戦力として、“スターホーク計画”と呼ばれる建造プロジェクトによって生み出された。[2] プロトタイプの<スターホーク>に加え、マークIスターホークおよびマークIIの3種類が存在した。[1][2]

制作の舞台裏

スターホーク級バトルシップは2016年に発売された正史の小説『アフターマス:命の借り』(チャック・ウェンディグ著)で初登場を果たした。同書では「マークIスターホーク」という呼び名で紹介されたが[5]2017年発売の設定資料集『スター・ウォーズ:オン・ザ・フロントライン』で「スターホーク級バトルシップ」という正式名称が紹介された。[4] 2019年ファンタジー・フライト・ゲームズのゲーム『スター・ウォーズ:アルマダ』でスターホークが取り上げられ、初めてビジュアルが描写された。[3] 2020年には、ビデオ・ゲーム『Star Wars:スコードロン』で同艦誕生の経緯であるスターホーク計画にストーリーのスポットが当てられた。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。